カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 肉離れの治療で

<<   作成日時 : 2014/05/17 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

40台前半の女性の患者さん。ダンスのインストラクターで、3ヶ月前から左の股関節を開くと痛い。痛めてから1ヶ月過ぎたくらいに、良くなってきたのでダンスを始めたら再び痛みが出てきて、3ヶ月経った今でもダンスは出来ないとのことで来院しました。確かに左の股関節の動きはあまりなく硬く感じられます。「痛みは股関節の内側の部位ですか」と聞いてみると、指が示している場所は、大腿部の上から5センチくらい下の内側の部位を指していました。じゃあ、筋肉の問題かなと思い。触診していきますと確かにその部位に筋肉を傷めたような違和感がありました。
 
普通は、3ヶ月経っているのだから治っていて良いはずです。ただ、肉離れの場合には、治ったと思っていても完全に治っていない場合があり、練習の再開が早いと再び同じ箇所を傷めてしまうということがあります。長内転筋か大内転筋みたいです。(はっきりとそこまでは触診が出来ませんでした)
 
  
 その筋肉をストレッチやマニュピレートなどで、筋肉を緩めることで痛みの軽減をしました。終わったときには「痛みは消えました」と言って帰りましたが、その3日後に来院し、帰った夕方にまた痛みがでてきました。今は、痛みはかなり無くなってきているのですが、「不安でダンスを始められない」ということでした。治療自体はだいたい同じ内容です。ただ今回は、骨盤を矯正したりして体全体の治療も入れました。
 
 
 前回よりも痛みは無くなりましたが、このような症状でも痛めた原因が必ずあるはずですので、それが何なのかと。今回の自分の見解は、ダンス時に足を開いて伸ばす動作において、痛めた筋肉の部位に負担が掛かっているために起きたと考えられます。今後、再び痛めないようにするには、股関節を開いたときにつま先の位置が内側に向いていることで、筋肉のある一部分に負担が掛かったために、長い年月のトレーニングの積み重ねで痛めたという仮定をしました。
  
 本人にその旨を伝え治療後に動き方の確認をし、つま先の位置により、痛みが引き出されるかを確認してもらいました。以前までの使い方だとまだ多少痛みが残ります。そこで、左足を開いて体重を乗せたときに、つま先と膝の皿が同じ方向を向くようにしてもらい、痛みを確認しましたら、痛くないということでした。ということは、左足だけ筋肉を捻って使っていたということになります。これが改善されれば、痛みは消えるでしょうけど、同じ体の使い方をすれば痛みは、体に残るということです。
 
 その後治療には見えていませんが、紹介された方の話では、まだダンスを再開するには不安があるとのことでした。時間とともに治っていくと思われますが、完全に痛みが消えていない場合には、また同じ部位を痛めることになるかもしれません。そのためにも治ったと思った後に一度でも治療を受けてほしいのですが、それは患者さんの意思でしょうから。
 
 
 今回の治療において、筋肉の起止を軽く抑えて、もう一つの手で痛みの部位をマニピレートと痛みが入ってきた部位から痛みの部位への刺激。それに痛みの部位の筋肉を横切るようにマニピレートしたのが、効いたのかと思っています。筋肉の問題であっても他の治療より早く治すことは可能です。より効果的な方法を見つけ出せれば治療の範囲も増えてくると思っています。



【レビューを書いてメール便送料無料☆】asics(アシックス)バレーボール ニーサポーター 2個セット /膝サポーター・バレー小物[ユニセックス][XWP061]【1SETまでメール便OK】【VB】
バレーボール館
≪注意事項≫ご確認お願いします!!1セットまでメール便がご利用頂けます!<ご希望の方はこちらをご確認


楽天市場 by 【レビューを書いてメール便送料無料☆】asics(アシックス)バレーボール ニーサポーター 2個セット /膝サポーター・バレー小物[ユニセックス][XWP061]【1SETまでメール便OK】【VB】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
肉離れの治療で カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる