カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学生のめまい等による不調

<<   作成日時 : 2012/10/28 11:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 小学5年生です。1ヶ月間から不調になり、風邪を引いて、その後扁桃腺が腫れ、それからは、朝起きると頭が痛い、めまい、吐き気がするという状況が続き、学校にもいけない日があったり、保健室で休んでいる日もあったようです。

 病院に行って検査を受けたのですが異常なしで、後は、精神的な問題ではと言われていました。母親がインターネットで、このような症状を検索していたら、カイロプラクティックで良くなったというブログの記事を見つけ、以前に
ぎっくり腰で、ここの治療院で治ったことを思い出し、メールで問い合わせがありました。症状を聞いて、多分大丈夫でしょうが、一応診て見ない事には、はっきりしたことは言えないので、一度連れて来て見てくださいと返事しました。

 最初、土曜日に予約が入ったのですが、水曜日の日にめまいがひどくなり、学校に行く途中でうずくまって、学校に行けなくなり、耳鼻科を受診したのですが、異常なしでメニエールの症状はないとのことでした。これでは、らちがあかないということで、急遽、予定を早めての来院になりました。

 最初の所見は、頚椎の5番から胸椎の2番に掛けて、脊椎が斜めに曲がっているようで、かなりそこの部分が苦しそうでした。この場合は、カイロプラクティックが合う症状だろうと思い、その部分を中心に治療して行きました。一緒に来ていた祖母が、原因が分かっただけでも安心しましたといっていただきましたが、改善しなければそれも、本当かどうかとなります。帰る時には、かなり顔色も変わりよい方向に変化したのですが、治療後2時間経った後に、食事をしたら気分が悪くなったということで、次の日にもう一度受診しました。

 この場合考えられるのは、治した身体の状態に、身体がついていけていないのか。そうであるならば、半日か一日長くても三日たてば、落ち着いてきますが、そんなに待っていられる状況ではないので早めの受診を進めました。他に考えられることは、治した部位が本来の痛みに関係している部位でなく、かばって出ている症状の場合と、治療の症状に対して、刺激が届いていないかです。

 そのような訳ですので、2回目の治療は、全体を治療していくようにしました。骨盤の動きが悪く、腰の部分に痛みがあり、このために頭蓋仙骨系の動きが狂っているために、不調が取れないのだろうということでの治療をしました。今回は、前よりもかなりすっきし、帰って行きました。

 その二日後、3回目の来院をしました。今回は、明らかに症状が改善していて、本人にも笑顔が見えていました。再び、全体を治療していきましたら、頚椎の5番の部位を左前方に向けた状態で、痛めた症状が出てきましたので、それを取り除き、終了しました。今回は、ほぼ治った状態で治療を終えることができました。

 改めて、この治療の機会にめぐり合えたことに感謝しています。本人、親、祖母も喜んでいただき、明るい笑顔で帰っていく姿を見たときに、うれしく思いました。もう一度治療予定が入っていますので、同じ症状が出ないようにしたいと思っています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学生のめまい等による不調 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる