カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤ちゃんの頭蓋仙骨系の動き

<<   作成日時 : 2012/08/27 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 生後1ヶ月の赤ちゃんの治療をする機会に恵まれました。母親の産後の治療として来たついでに、赤ちゃんも見てもらいたいとのことで、治療することになりました。

 治療自体は、赤ちゃんを抱っこしながら、赤ちゃんの体の動きを診ます。骨盤の仙骨と頭蓋骨の後頭骨が、呼吸に合わせて、屈曲・伸展の動きがスムースに動いているかを診ていきます。

 そうしていますと、赤ちゃんの体が大きく伸びをするように上下に暴れるように動き出しました。まるで大人の人が、全身を大きくあくびをするようなポーズで、何度も伸びをしました。その後で、赤ちゃん自体の体の動きを感じることができ、大きな頭蓋仙骨系の動きを感じることができました。

 以前より、赤ちゃんの場合のほうが、大人の人より大きな頭蓋仙骨系の動きを感じることができると聞いていたのですが、今回は、明らかにその動きを知ることができました。

 人間の一番最初のストレスは、産道を通って来る時であり、最初の解放も産道を通る時であると言われています。確かにそんな感じを受けた治療でした。

 2週間後に、母親が治療に来た時に、その赤ちゃんの顔にできていた湿疹は消えていました。つややかな肌になっていました。そして、気持ちよさそうに、寝ていました。







骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと
東京大学出版会
鈴木 尚

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤ちゃんの頭蓋仙骨系の動き カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる