カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 治療を受けた後に痛くなる

<<   作成日時 : 2006/12/06 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 治療を受けた後に、痛くなったり、だるくなったりすることがあります。それは、歪んでいた身体が整うために、以前の身体との違いについていけないために、痛みとして感じてしまったり、凄いだるさを感じる人がいます。

 これは、以前の身体と変わったために、起こる現象です。身体が変わったことに対して、ついていけないという現象が、起きているということになります。治療に対する反応がよく、急激に変わったと思った時には、患者さんにその旨を話をします。普通は、半日から一日で痛みから開放され、以前の痛みより軽減を感じられます。人によっては、もう少し長い時間、痛みを感じる場合もあります。

 しかし、その痛みが激しい場合に、驚いて不安になる患者さんもいますが、その後の治療で、その部位の歪みを触診した場合に、以前の身体に対して、変化している場合が多いです。

 でも、痛めた部位に炎症があるのに、その部位を矯正されたり、あるいは、その部位を筋肉を痛めるように揉まれたりした場合は別ですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
治療を受けた後に痛くなる カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる