カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 捻挫と挫傷と腱鞘炎・腱炎

<<   作成日時 : 2006/05/24 18:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 手とか、足とかを怪我したときに、それが、捻挫なのか、挫傷(肉離れ)なのか、腱鞘炎・腱炎なのかを普通の人が見分けるのは、難しいですよね。
 捻挫は、骨と骨との関節をつないでいる靭帯が、伸びたり・切れたりした状態をいいます。どちらかといえば、縮めた時に、痛みを強く感じます。挫傷(肉離れ)は、筋肉が部分的に切れた状態をいいます。筋肉を伸ばすと、痛みを強く感じます。捻挫か挫傷かを見分けるのには、痛めた部位と縮めて痛いか、伸ばして痛いかで見分けます。腱というのは、筋肉の付着部分で硬くなっている部分です。そこの鞘状になっている部分に、炎症が出てしまうのが、腱鞘炎であり、アキレス腱などの場合など腱に炎症が出た場合は、腱炎になります。
 治療は、基本的には、最初冷やして、安静で3週間くらいの目安になります。部位や程度により、期間はかわります。それを早く治す治療法は、いくつかありますが、普通は、このような形をとっていると思います。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
肉離れの治療 方法
肉離れの治療には、RICEが有効です。RICEとは、スポーツ時のケガなどの応急処置や簡易治療法として、よく利用されている方法で、4つの治療法の頭文字をとったものです。ケガ患部を安静(Rest)にすること、氷などで冷やす(Ice)、包帯などで圧迫(Compression)すること、心... ...続きを見る
たーしの実用メモ
2007/11/01 12:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
捻挫と挫傷と腱鞘炎・腱炎 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる