カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 背中の痛み

<<   作成日時 : 2006/03/10 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 背中が痛いといってもいろいろありますが、背中の痛み、肩甲骨の内側の痛みを指して、いう人が多いようです。この場合、背骨の中心が痛いのか、少し横にずれた場所が痛いのかで、痛みの原因が違ってきます。 

 中心が痛い場合は、骨格の歪みにより、それをかばって自然に痛くなっている場合が多いです。全体的に、がちがちに硬くなっています。首の問題、骨盤の問題などにより、全体的に身体を硬くして、バランスをとっている訳です。この場合は、全体的な治療をしていかないと、治療が終わった時に、症状が軽くなったように感じても、すぐにまた以前と同じような症状が出てしまいます。
 また、背骨の関節が何処か動かない場所ができていて、それが、全体のこりを作っている場合もあります。

 中心より、少し横にずれた場所で、丸い点でづんと来るような痛みの場合は、内臓関連の痛みの場合が、多いようです。身体のバランスの場合は、横に筋張ったような痛みで、内臓関連の場合は、重苦しいような痛みです。その場合、湿布を張っても揉んでもすぐに戻ってしまい、痛みが取れません。この場合は、問題が内臓系のちょとした、胃の荒れた状態とか、肝臓が疲れているとかの問題で、起きている痛みだからです。それよりも症状が重かったり、痛みが強い場合は、こちらには来ないで、病院の方に行っているでしょうから。

 問診のときに、胃の調子はどうですかとか、痛くなる前の日に、お酒を飲みすぎたり、脂っこいものを食べたりしませんでしたかと聞きます。あるいは、風邪などをひいて、風邪薬を飲みませんでしたか、などとも聞いています。薬は、肝臓で代謝するので、肝臓に負担が掛かります。それと、頭が痛いなどという症状も伴っていたりします。
 こういう場合は、骨格の調整のほかに、内臓系の反射のテクニックを使って、対応します。それにより、より良い効果が得られます。自分自身で気が付かなくても、身体には、それなりの症状がでています。

 人間の身体は、正直です。症状は、それなりに身体に信号を与えてくれています。それに、早めに気付いて、対応していくことが大切なことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
背中が痛いです。
医者にかかったところ、肋間神経痛というらしいですね。まさか自分がこんな重い病気になるなんて思いもしませんでした。正直めいっています。どのサイトを見ても完治することはないので、一生付き合っていくしかないというようなことを書いているのでなおさらです。辛いです。 ...続きを見る
日々つづる日記
2007/04/27 04:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
背中の痛み カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる