カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 顎関節症

<<   作成日時 : 2005/10/05 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 口を開けようとすると、大きく開けられない。偏って開いてしまう。クリック音がする。がくっとズレるなどの症状がある場合は、顎関節症の問題があると思われます。
 普通、真っ直ぐに開いて、真っ直ぐに閉じられます。それが、ずれて開いたり、思うように開かなかったりした場合は、異常があります。自分の指人差指から薬指までを縦にして、開いた時に入れば、問題がないのですが、入らない場合も異常という事になります。
 では、何故、顎関節症になるのかといいますと、歯の高さの問題、噛み合わせの問題、片側だけで噛んでたために起こる場合や頭蓋骨の歪みの問題です。体の歪みとしては、頚椎の2番、あるいは反射的な問題で腰椎に4番の問題も、挙げられます。
 単純的には、前歯の上下を合わした時に、真正面の歯と歯の間が、上下でそろえば、顎関節の問題で、そろわない場合は、歯の高さ・噛み合わせの問題です。その場合は、割り箸を半分にして、奥歯で噛むと、割り箸の高さが左右でズレがでます。その場合は、1週間から10日位、30秒位づつ奥歯で割り箸を噛んでいると、変化があり、ズレが良くなってきます。上下で、そろっていながら、片側が飽きづらい、ズレる等の場合は、顎関節の問題が考えられますので、取り敢えず、口で、横にした数字の8を描いて、顎の周りの筋肉を緩めてください。それだけでも、症状の軽減があります。
 それでも、変わらない場合は、カイロプラクティックと歯医者のどちらかに行くか、併用することで治していく事だと思います。顎関節の問題は、全身に症状を作りますので、そのためにいろいろな体の故障を訴える場合もあります。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
歯の病気 顎関節の症状とは?
「痛くて口を大きく開けられない」「硬いものを噛むとあごが痛い」「口を開け閉めするとカックンカックン音がする」これらは「顎関節症(がくかんせつしょう)」を疑わせる特徴的な症状です。顎関節症は@ 額間接の不調A あごを動かす筋肉の不調B 関節と... ...続きを見る
歯科医院レポート@歯科事務長が歯科のこと...
2006/12/31 11:48
顎関節症
顎関節症の原因・症状・治療法などについて ...続きを見る
歯医者/歯科情報の歯チャンネル
2007/04/20 17:14
顎関節症の代表的な症状とは
顎関節症の症状は幅広く、その症状の原因が顎関節にあると気づかれないこともあります... ...続きを見る
顎関節症の予防と症状と対策の豆知識
2008/01/30 23:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顎関節症 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる