アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康」のブログ記事

みんなの「健康」ブログ

タイトル 日 時
トランプ大統領もカイロプラクティックの愛好家
 健康に関するベストセラーの著書があり、クリントン政権下ではスポーツフィットネス委員会顧問であったブラウンDCは20年以来のトランプ大統領のカイロプラクターでもあるという記事の掲載がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 16:48
左手首に力が入らない
 剣道を行っている小学生の女の子です。剣道の練習の時に、手をついて動く動作で手首を痛めてしまいました。左手首が痛くて茶碗も持てないという状況でした。整形外科の病院では、レーザーの治療を受けていましたが改善がなく、治らないだろうと言われたそうです。近くの接骨院にも通ったのですが、全然改善の見込み無く、友達の親に紹介されての来院です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 10:42
交通事故による難聴
 高校生です。夜、横断歩道を歩いていた時に、車が突っ込んできて事故にあってしまいました。後頭骨骨折と左手、左足首に打撲があり、その他にも打撲がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/01 10:28
幼児の足を引きずりの治療
 3歳の幼児が、足を引きずって来院しました。保育園から帰ってきたら、左足を引きずっているので、連れてきたとのことです。「足のどこが痛いの?」と本人に確認すると、膝の皿の上を指さしました。でも、膝よりも股関節の動きが悪く、股関節のほうが痛そうでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/07 18:57
尾骨の痛みの治療
 20代女性の治療です。朝、起きてたら、少しずつお尻の下の部分の尾骨(体の中心でお尻の仙骨の下にある部位)のところが痛くなってきて、お昼ぐらいには、寝てないと痛くていられない状況になってきたそうです。取りあえず。整形外科でレントゲンを撮り、腰椎の5番と仙骨の間の部分が狭くなっているので、痛くなったのでしょうと言われ、湿布と痛み止めの薬をもらったのですが、かなり痛いので来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/07 17:45
側弯症の治療で
 高校生のチア・リーダーの部活動をしている女子の治療です。側弯症で来院しました。確かに真っ直ぐ立てないですし、後ろから見ると完全にSの字に曲がっていて、側弯が立体的に斜めに曲がっている状態でした。部活動においても、肩周辺を動かす場合は、見学をしていないと痛くなってしまうとの事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/21 10:11
何故、スポーツ障害になるのか 2
 前回書いた内容の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/19 09:14
何故、スポーツ障害になるのか
 スポーツをしている人達の中で、スポーツ障害で悩んでいる方が多くいます。では、何故スポーツ障害になるのでしょうか。大きく分けると二つの要因が考えられます。一つは、人間が生理的に嫌な動作を続けていることにより、知らないうちに痛みを覚えてくること。もう一つは、予測できないことが起きたときにうまく対応が出来なくてケガをする場合です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/19 09:02
体が歪んでいるようで、きちんと立てない。
 最近、若い患者さんに言われることがあるのですが、「体が歪んでいて真っ直ぐに立てない.。真っ直ぐに歩いていないような気がする」と。確かに起立した状態で踵をつけて立ってもらいますと、体がひどい歪みをしている人がいます。このような人を、街中などでもよく見かけます。腰痛、肩こりがひどいのだろうなと思いながら見ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/12 17:18
体のどこかが痛くてつらくないですか?
 4月26日(土)の朝日新聞の土曜日版に読者とつくるという内容で、「体のどこかが痛くてつらくないですか」という欄があり、「はい」と答えた人が60%で、その中で医者に掛かっている人が41%で。いずれ痛みはなくなると思う?との問いに66%の人が「いいえ」と答えています。このアンケート5,000人程のものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/08 09:25
肉離れの治療で
40台前半の女性の患者さん。ダンスのインストラクターで、3ヶ月前から左の股関節を開くと痛い。痛めてから1ヶ月過ぎたくらいに、良くなってきたのでダンスを始めたら再び痛みが出てきて、3ヶ月経った今でもダンスは出来ないとのことで来院しました。確かに左の股関節の動きはあまりなく硬く感じられます。「痛みは股関節の内側の部位ですか」と聞いてみると、指が示している場所は、大腿部の上から5センチくらい下の内側の部位を指していました。じゃあ、筋肉の問題かなと思い。触診していきますと確かにその部位に筋肉を傷めたよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 08:52
乾燥肌の治療で
 20代男性の治療です。こちらの患者様は腰痛の症状を訴え来院されました。こちらの症状は2回程度で消えましたが、話をしているうちに冬場の季節になると乾燥肌に非常に悩ませるとの事でした。  症状としましては、中学生の時から毎年10月〜4月頃までの期間に1日に2回程度、頭、背中、腹部、臀部、大腿部に激しいかゆみと皮膚が赤くなるという事です。  かゆみが伴う時は、皮膚が引っ張れるような感覚の感じ(運動やストレッチ等)、寒い場所から、暖かい環境に変わった時や暖房を直接受ける時、お風呂から出来たと時、暖... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/30 16:12
椎間板ヘルニア ダブルで
 40台女性です。主訴は、右足付け根の痛みです。3ヶ月以上前から、歩くのにも支障をきたしていたそうです。整形外科の診断では、右股関節に異常があり、ゆくゆくは手術になるだろうと言われたそうです。接骨院・他のカイロプラクティックも受けたのですが、同じようなことを言われ改善がなく、何人かに紹介されての来院でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/06 10:36
触診で分かること
 私たちの治療院に患者さんが見えたときに、まず、歩き方や動作を見てどのような症状か観察します。その後に、話を聞いて身体の状態を把握します。治療の始まる前に、姿勢を分析したりどのような痛みなのかを検査してから、治療に入ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 15:45
頭痛の治療で(胸郭部の解放)
 最近、中学生の頭痛の治療において、首の付けのの部位と前面部(鎖骨・第一・第二肋骨)の胸郭部での体の動きの悪さで、頭痛になっているのではという患者さん何人か来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/30 17:05
顎関節に掛かる圧を緩めたら
 50代女性の治療です。主訴は、首・肩こりでしたが、全身的な倦怠感があり、長い間体調は不調でだったということでした。2年前から、治療に掛かっていて少しずつの改善は見られていたのですが、完全にはすっきりとした日々を送れないでいました。    以前と比べると、かなり身体は良くなっていて、痛くない日も多くなってきていましたが、すっきり良くはなっていませんでした。そこで、頭蓋骨の頭頂骨・蝶形骨と顎関節の治療をしてみると、以前よりすっきりし始めたとのことでした。そのときには、気づかなかったのですが、顎... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/10 16:39
凹んだ頭蓋骨は戻るのか
 30代女性の症例です。癲癇を持っていたために、手術をしたのですが、多少の言語障害が残り、前頭骨(おでこ)の左側の部分が、凹んだ状態になってしまいました。本人は、そこことはそれほど気にならなかったようでしたが、頭痛等の症状はでていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/10 15:53
内側ヘルニアの治療
 腰椎の椎間板ヘルニアには、外側ヘルニアと内側ヘルニアがあります。外側ヘルニアを患う場合のほうが多く、内側ヘルニアの方が、患者さんの数ではかなり少ないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/24 16:50
難聴の治療
 今回は、自分自身の治療です。2週間前から、右耳が詰まった感じで、耳の中でボワーとしたような感覚がありました。鼻をかんだ時に、後頭骨の部分から、くらっとするようなめまいを感じていました。右耳は、たまにこのような症状が出ていたのですが、それほど気にもしていませんでした。CDでの音楽が、右の耳だけダブった音として聞こえていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 14:15
小学生のめまい等による不調
 小学5年生です。1ヶ月間から不調になり、風邪を引いて、その後扁桃腺が腫れ、それからは、朝起きると頭が痛い、めまい、吐き気がするという状況が続き、学校にもいけない日があったり、保健室で休んでいる日もあったようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/28 11:14
妊婦の方の治療
 以前より治療を受けている方でも、妊娠中に治療を受けることができますかと、尋ねられることがあります。やはり聞いてから、掛かるかどうか決めたいですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/01 18:15
赤ちゃんの頭蓋仙骨系の動き
 生後1ヶ月の赤ちゃんの治療をする機会に恵まれました。母親の産後の治療として来たついでに、赤ちゃんも見てもらいたいとのことで、治療することになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 19:00
スポーツ障害による脊椎分離症
 脊椎分離症は、中高生で、激しいスポーツをしている場合に起こりやすいとされています。筋肉の発達に骨がついていけなくなると椎間間部という腰椎の棘突起と横突起の間の骨の部分にひびが入り、骨折になります。負荷が続くことにより、その部分に負担がかかりすぎるためにの疲労骨折と言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/30 17:26
頭蓋骨の治療 メニエール症候群 2
 前回のブログの続きです。めまい、耳鳴りが主訴で来院された患者さんで、9回目の治療が終わりました。大分、身体変わったみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 16:47
頭蓋骨の治療 メニエール症候群
 30台の女性の患者さんです。主訴は、めまい・耳鳴りで、他にも腰痛・肩こり・頭痛の症状で来院しました。身体は、不調でメニエールの薬を飲んでいると、身体がだるい症状が出るみたいで、なるべくなら、飲みたくないとのことでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 16:48
頭蓋骨の治療 T−2
 前回書いた、頭蓋骨の治療の2回目の治療です。前回の治療から3日後に来院しました。治療が終わって、時間と共に、良くなってきたのですが、今朝になって、頭に少しずつ痛みが出てきました。とのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/15 11:35
頭蓋骨の治療
 40代の女性です。主訴は、冷え性で特に右半身が冷たいとの症状でした。問診の時に、長い間この症状が続いているとのことでした。また、3歳の時に、自転車で額の生え際のところを引かれたとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 11:30
病院からの紹介
 日立市内で、車で10分くらいのところにある病院の内科の先生から、カイロプラクティックの治療を進められて、3人ほどの患者さんが来院しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 14:56
体性感情開放の治療 X
 以前より来院していた患者さんです。久しぶりに、バレエを再開し、バレエの発表会に出るために、体の動きを良くしたいとのことでの来院でした。3回目の治療の時に、友達に鬱の人がいるのですが、連れてきても良いでしょうかと効かれ、治療効果は人により違いますが、効果がある場合も多々ありますので、本人がその気になったのなら、連れてきてみてくださいと。という会話をしていました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 10:47
原因不明の頭痛
 頭痛持ちの方って、かなりいるのですね。MRIやCTで検査しても異常なし。でも、常に痛みを持っているということで悩んでいる方が、多くいるみたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/29 14:56
捻挫 3
 捻挫に対する治療が、少しずつ変わってきましたので、治療の内容を少しでも分かるように書いてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/29 14:25
「体性感情開放」の治療W−2
 前回のブログの内容の続きです。前回の治療から、2週間ちょっと経ってからの来院です。「以前ほどの痛みが無くなっていたので、我慢が出来たのでずるずると来るまでに時間が掛かってしまいました。」とのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/20 15:28
「体性感情開放」の治療W やはり驚きです!
 今回は、40代の女性です、不定愁訴は、首・肩の痛み・頭痛・口が開きずづらいが、主訴です。ムチウチはありますかと聞いてみたら、「ムチウチはありませんが、以前にスキーで後ろから激突された」ことがあるとの答えでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/04 16:11
年配者の膝の痛みの治療
 80歳男性の方で、左膝の痛みで来院した方の治療です。15年前に、バイクで転び左膝を痛めました。それ以来治ることなく、常に多少の痛みを持っていいましたが、ここ2・3年は、歩くの不便ということで来院にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/19 14:03
「寝違い」?の治療で
 40代の男性で、「4日前に剣道で面を打たれた」と言われました。しかし、それは関係が無いと思うが、その3日後に寝違いをして首が動かないという症状で来院しました。その日は、首から肩周辺が固いので、運動をすれば良くなるだろうと思い、走って、その後、腕立て伏せをしたら余計に痛くなったという状態での来院でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/19 19:24
ぎっくり腰の治療で(改)
 40代後半の男性の治療です。3週間ほど前に、腰痛になり、良くはなってきたのですが、すっきりしないので近くの接骨院に2回治療を受けたら、立てなくなった。とのことでの来院でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/27 17:14
これってどう思います?
 日立市の市報に医療費控除のことが載っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/03 16:44
「体性感情解放」の治療V (心因性の腰痛U)
 東京在住の女子大生の治療です。以前に、「心因性の腰痛」で書いた患者さんです。腰痛はだいぶ改善し、普段の生活では支障は見られませんが、体調が崩れてきた時に、3〜4ヶ月の間隔でこちらに帰ってきて、2〜3回位続けて治療を受けています。今回も3日続けて受けました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/17 14:51
脛骨内側の痛み
 高校生バスケットしている女子の症例です。練習をしていたら左の脛骨の内側で膝の皿から10センチ下の部分が痛くなったとの症状で来院です。触診してみますと、脛骨の骨の部分を押すと痛みがあります。この部位に痛みがある場合に考えられるのは、筋膜炎か疲労骨折です。押して触った時の痛み具合を診た状況では、疲労骨折の疑いが強く思えました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/14 15:59
顎関節症 動きがスムースに!
 1年半前に、口が開かないとという症状で治療に来ていました、20代の女性です。最初のうちは、多少開くようになったのですが、時間を置いての3回目からは、あまり開くようになりませんでした。この治療に関して5回ほど行いましたヶ、あまり良い結果を出すことはできませんでした。治療は、身体全体を診た後に、頭蓋骨の治療で顎関節の減圧及びアジャストを試みたのでしたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/04 17:12
顎関節症の治療で
 主訴は、スポーツ障害の腰痛で来院した女子高校生の症例です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/06 16:12
ストレート派?
 患者さんから、「帯状発疹で痛がっている人がいるのだけど、治りますか?」と聞かれたので、『帯状発疹の場合は、病院のほうが良いと思います。帯状発疹と分かっているのだから、病院には入っているでしょうから、治りを早くするとか、体調を整えるのなら大丈夫でしょうけど、診てみないことにははっきりしたことを言えません。』と答えました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/01 10:39
背骨の歪みをとることで、顔の歪みが消えました
 7年前に車に追突されて、左の肩甲骨から首にかけての痛みで来院された30代の男性の治療です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/09 11:59
第一次呼吸メカニズムにおける仙骨の動き
 第一次呼吸メカニズムとは、人間が母親のお腹の中に入っているときに、体が頭の後頭骨とお尻の仙骨が上下に動いている状態です。この動きが、最初の呼吸運動の動きであって、肺呼吸(第二次呼吸メカニズム)は二次的なものと言われています。人間は生まれてきてオギャー泣いて、肺呼吸が始まります。その時、仙骨が屈曲することで呼吸運動が始まるといわれています。(この説明は、このくらいにしておいて) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 14:31
エネルギーの弾道テクニック
 以前より、打ち身などの治療において使っていたテクニックですが、効果がこんなに高いとは思っていませんでした。簡単に説明しますと、痛みのある部位の反対方向からその人差し指と中指痛みに向けて、エネルギーを通します。受ける側は指でVの字を作っておいて、その間の痛みをその部分から抜いていくというテクニックです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/09 19:30
難聴の治療
 1歳半の男の子の難聴の治療をしています。検診で難聴であることが判明し、母親を含め家族で治療をしていまして祖母から相談を受け治療を始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 21:52
矯正(アジャストメント)を受けて痛くなる
 中学3年生サッカー部の子で、2週間くらい前から腰痛になり、3回目の治療でかなり良くなったのですが、サッカーをしたら、再び痛みが出てきたということで、一昨日4回目の治療に来ました。だいぶ良くなったので、明日の試合には出れるだろうと。それと、股関節を緩めて使うことにより、腰痛の軽減をする体の動きを指導しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/23 16:41
矯正は痛くない
 よく新規の患者さんから「カイロプラクティックってボキ・ボキやるのですよね。痛いですよね」と聞かれます。『いやいや、痛くないですよ。それは、以前に受けた治療院や人に聞いたことのある治療において、下手な治療を受けたからだと思います』と答えます。なぜ、痛いのか。『それは、その治療をした方の腕が悪いのか、あるいは、解剖を勉強していないからだと思います』と答えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/11 15:56
風邪の治療
 5月の連休明けに、5・6年ぶりに風邪を引きました。しかもどうにか治療することはできたのですが、なかなか治らずに、10日間位症状が残ってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 10:14
花粉症に効く
 花粉症の症状つらいですよね。以前より、自分自身が花粉症でして、花粉症に効く治療はないものかと探していました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/02 16:47
説明不足でした (ぎっくり腰のアイシング)
 ぎっくり腰で、腰椎5番と仙骨の間(L5〜S1間)での炎症を起こして、来院した患者さん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/16 15:29
肩こり・頭痛の治療例
 首の付け根右側の痛みと頭痛が、主訴での来院です。1週間前の頃から痛みが突然に出始めたようです。口を開けると顎関節がコキ・コキなりますが、それほど開けづらいという訳ではないとのことでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/16 15:04
オスグッド病
 オスグッド・シュラッター病とは、バスケットボールやサッカーなどのスポーツをする小学生・中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/22 17:54
治療における患者さんの「場」について
 以前より、治療における治療所の「場」については、考えていましたが、患者さん自身の「場」については、あまり気にせずに治療してきました。しかし、患者さんに接していると、時として不思議な体験をすることがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/08 10:39
肘の骨折の治療
 40台後半の方で、背中の痛みが主訴で来たのですが、2ヶ月近く前に、右肘から転んで骨折をしてしまい2ヶ月近くなりますが、今週にレントゲンを撮ったのですが、まだついていないとそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/03 17:38
身体における仙骨の動き
 骨盤の中心部に位置する仙骨。身体にとって、重要な役目を多く持っています。人間、仙骨がなければ、生きていけないと云われていますし、人間が生まれたときに、仙骨が屈曲することにより、その動きが後頭骨に伝わり、「オギャー」という泣き声のもとに肺呼吸が始まると云われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/02 17:03
お尻の筋肉のアンバランス
 右の骨盤の大殿筋の部位が異常に硬くなり、見た目でも明らかに分かるくらいに、左右がアンバランスになっている小学生の女の子が来院しました。整形外科は受診していましたが、レントゲン撮影で異常がないということで、そのままの状況で、今に至っていました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/30 16:02
スムーズに歩けるようになった。
 60台後半の女性で、主訴はめまいで来院しました。その他の事項として、右足が動きが悪くO脚であり、階段の上り下りもつらいとのことでした。その女性の母親と姉も同じ症状で、若いときから、スカートを穿くと足の形が分かるので、穿かないできたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/03 20:39
打ち身による膝の痛み
 バスケット部の高校生で、寝ている時や練習前に右膝の外側が痛いという症状で、来院しました。症状的に、練習中や練習後の痛みでないというのが、普通の症状と違うのかと思いまして、注意深く触診をしていきますと、右膝外側の上の部分(外側広筋)に筋肉の塊といいますか、丸く一定の部分で筋肉が硬くなっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/24 11:49
外反母趾から腰痛
 30代後半の女性の方です。19歳の時に、右足でブレーキを踏んだ状態で、後ろから追突され、その部分が外反母趾になり、約20年痛みがあったそうです。痛みは、右の外反母趾の部分より、右の股関節、骨盤の前側の部分である恥骨結合にかけて痛みを持っていました。この20年は、歩くたびに痛みを感じていたそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 3

2009/06/19 19:40
心因性の腰痛
 東京に住んでいる大学生です。実家はこちらにあり、以前にも何度か治療はしたことがあったのですが、今回腰の痛みがどうしても良くならず、週末に帰ってきて、金・土と2回ずつ治療をしています。2週ほど治療した後に、大分良くなったので、東京でカイロプラクティックの治療を受けたのですが、全然変化がしないので、再びこちらで、治療を受けることになりました。この痛みで、整形外科・整骨院の治療は、東京で受けていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/18 15:22
両足が痛くて、腰に力が入らない
 昨日、小学2年生の子どもが夜に来院しました。前日より、両足の前の部分が痛くて、腰に力が入らないといって、その場に座り込んでしまいます。足の太ももの前側に筋肉の緊張があり、立っているのも辛いみたいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/18 08:57
膝の痛み。半月盤損傷?
 70台の女性が、歩いていて躓きそうになり、膝の後ろの部分がブチィと音がして、痛くなりその場にうずくまってしまった、ということで来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/02 10:42
小学生の腰痛の治療で
 小学6年生で、ミニバスケットボールを行っている子が、腰痛の治療で来院しました。2ヶ月前から痛くなり、歩くと腰に痛みが響く症状とのことでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/03/27 17:45
ムチ打ちの記憶がよみがえる
 今日で、3回目の治療を受けた患者さんです。先週の金曜日にスキーに行き、転んだ時に頭を打ってしまい、ムチ打ちの症状になってしまいました。    最初の治療は、土曜日に行いました。ムチ打ちの状態で、炎症も残っていたせいもありますが、来た状態よりは随分良くなりました。ムチ打ちをしてから、すぐに治療に来た事により、首を左前方に傾けての状態で痛めたことが、身体に残っていましたので、割と分かりやすく治療をする事ができました。首を少しでも動かすと痛い状態から抜けることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/27 15:13
五十肩の痛みを・・・
 五十肩の痛みや肩が思うように動かないなどの症状を治療するのに、普段は、背骨・肩周辺・肘・手首の関節を中心に診ています。当然ながら、その近辺の筋肉の状況も診ています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/09 16:50
「体性感情開放の治療」 U
 前回の治療から3日後に、2回目の治療を行いました。今回は、左胸から腕の痛みは、ほぼ消えていました。背中のこりは、半減していました。でも、まだ不調の状態は続いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/17 15:22
「体性感情解放」の治療
 以前に書いた「もう1人のあなた」と同じ治療です。身体の中に、自分自身の意識の中に、それがあるのかないかは分からないのですが、何らかの感情が残っていると、それが痛みとして感じてしまいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/17 14:24
早く走るための調整
 中学校の駅伝の県大会が終わりました。この大会に向けて、より早く走るために、身体のメンテナンスとして治療を受けに5人の中学生が来院しました。そのうちの1人は、以前に頭痛などの体調の不良が合ったために、定期的な治療を受けていました。後2人は、調整をかねて痛みが消えた後も1・2回治療を受け、大会に万全の体制で臨んでもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 16:35
「鼻づまり」の治療
 もともとは、捻挫の治療で来院した高校生の女子の方ですが、どうも治療中に「鼻が詰まって、ずるずる」と。そちらの症状が気になってしょうがない。2年前に、膝のスポーツ障害で来院した時もそれが気になったのですが、今回は、できるのであれば、そちらも治療したいということで、鼻づまりの治療も同時に行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 20:20
重度な捻挫の治療
 先月、3名の患者さんが足首の捻挫で松葉杖をついて来院しました。3名とも、スポーツ時の怪我です。2人は、サッカー。もう1人はバスケットでの怪我でした。全員中学生です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/08 17:00
「もう一人のあなた 」その後
 以前書いた「もう一人のあなた」のその後を知りたいという話をこのブログを呼んでいてくれた、知人から言われまして、随分時間は、経ってしまいましたが、分かっている範囲で書いてみます。確かに内容もその後を知りたい内容のうちに、終わっていましたので。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/03 15:11
小顔になる?
 昨日、某テレビで、「子顔になる」といって芸人の顔を矯正しているのを見かけました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/12 09:12
脊椎分離症
 運動選手が、腰痛で来院した場合に必ず、レントゲン写真を撮っているかを確認します。それは、脊椎分離症があるかどうかを知るためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 15:56
テーピングは、気をつけないと!
 今、治療では、キネシオ・テープとスパイラル・テープを使っています。それと、試合当日や前日に痛みは残っていても、試合にどうしても出たいといわれた場合に、コンクリート・バンテージ(白い伸びないーテープ)を巻く場合もあります。  治療後に、どうしても痛みが残ってしまう場合やテープを張ることで、その部位を押さえることや動いている間に、痛みの緩和として用いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 11:54
シン・スプリントの治療
 シン・スプリントとは、前脛骨筋(向こう脛)に痛みが痛みが出る症状です。ランニングなどによるオーバー・ユース・トレーニング(使いすぎ)により、痛みが出るといわれています。症状が進みますと、疲労骨折を引き起こすことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 11:22
赤ちゃんの股間節の治療
 生後6ヶ月の赤ちゃんの治療です。3・4ヶ月検診で、「右の股関節の動きがおかしいかもしれないので、様子を見ましょう」と言われたので、ちょっと心配なので、治療を受けてみたいとのことで来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 16:17
成長痛?
 幼児から中学生くらいの子で、膝などに痛みを訴えた場合で、レントゲンで以上が見つからない場合、視診等で異常が無い場合は、成長痛と診断される場合が多く見受けられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/26 11:05
手首の骨折の治療
 手首を11月の末に手首(トウ骨遠位端骨折)を骨折し、その時に、病院で真っ直ぐ付かな意かもしれないと言われそのときは、手術になると言われたので、多少でも変わるのならと次の日に、来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 09:36
小児の喘息の回復
 3歳児の治療です。最初に来院の目的は、足がX脚なので歩き方がおかしいということで、来院しました。2週間に1度の割合で治療を続け、3ヵ月後には、ほとんど気にならない状態になりした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/09 09:25
中学生の頭痛の治療
 中学2年生の女子で、スポーツをしています。3ヶ月くらい前から、毎朝、朝方に頭痛がひどい状態が続いているとの症状で、来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/14 11:46
驚きです 「もう一人のあなた」3完結
 前回の治療から、5日経っています。「以前より、背中の痛みが軟らかくなり、落ち着いてきています。」とのことです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/07 23:03
驚きです 「もう一人のあなた」2
 この内容は、前回のブログの続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 16:26
驚きです 「もう一人のあなた」
 アメリカにオステオパシーという手技療法があります。カイロプラクティックより、少し早い時期に生まれています。そのオステオパシィのテクニックの一つとして、「体性感情開放法」という治療法があります。自分が意識していない感情が身体に残っているのを身体を使って開放させるという治療法です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/02 15:55
「運動前後のストレッチは意味がない????」について
「運動前後のストレッチは意味がない????」について  20年以上前に、ストレッチが出てきたことにより、怪我の予防に役立つと言われ、急激に広まりました。しかし、最近になり、ストレッチは、意味がないのではないかとも言われ始めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/10/30 16:32
擬似椎間板ヘルニア?
 20代の男性です。以前から、たまに腰痛で来院している患者さんです。今回は、久々の来院で、どう見ても椎間番ヘルニアの症状で来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 16:24
カイロプラクティック病?
 カイロプラクティックだけでなく、整体、針、マッサージ等を多く受けてきた患者さんに見られる症状なのですが、痛みが治っているのではなく、身体に隠れているのではないかと感じられる場合があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/12 16:56
健康は正しい姿勢から!
 カイロプラクティックの場合、よく使う言葉で「健康は正しい姿勢から」といいます。実際に自分の体、患者さんの体を診ていると、その通りだとつくづく感じます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/09/28 11:02
産後の治療
 お産して10日後という、患者さんの治療をする機会に恵まれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 10:44
Oリングテスト
 Oリングテストとは、親指と人差し指で、Oの形の輪を作り、最初にその親指と人差し指の結ぶ力を確認し、もう一方の手で、体にある臓器代表点と言われる部分に2本指を当てることによって、その臓器が正常であるかどうかを調べる一つの検査法です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 11:46
変形性膝関節症の治療
 変形性の膝関節症は、年配の女性に多い病気で、太っていて、自分の体重が支えられない為に、膝の関節に負担が掛かり、関節が変形してしまう病気です。一般的には、そのために膝に水が溜まり、腫れている場合が多いです。どうしても、腫れがある場合が多いですので、炎症を伴っている場合が多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 14:34
骨盤の仙腸関節が動かないと
 背骨の下にある骨盤。その骨盤を後ろから見た場合に、中心に仙骨、その脇に腸骨が挟むようについています。その仙骨と腸骨を結び付けているのが、仙腸関節です。その上を靭帯や筋肉に覆われていますので、一般的には、分かりづらいかもしれませんが、仙腸関節は、動きのある可動関節であるとカイロプラクティックでは、言われています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/17 21:27
首が傾く
 10年位前から、緊張すると首が傾くという症状で、40代の男性が来院しました。整形外科に通い、その後、心療内科で薬を飲んでいて、以前よりは、少しよくなったかなと思うようでしたが、緊張すると完全に45度位、首が左に傾いてしまいます。普段でも、見た目で分かるくらいに傾いていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/21 09:56
脊髄損傷の治療
 7年前に、交通事故で脊髄損傷をした30歳代の女性の治療をしています。胸椎7番の損傷ということで、上半身は動きます。胸腰部から下の麻痺です。現在、車椅子で生活の状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/17 17:30
カイロプラクティックに出会う
 1988年4月に、日本カイロプラクティックカレッジに入学し、カイロプラクティックを学び始め19年の月日が経ちました。入学するときは、整体みたいなものという認識しかなく、効果もあるのかも分からずに門をくぐりました。    何故、この学校を選んだのかというと、整体の学校は半年というのが多く、どうせ勉強するなら、自分に自信が持てるようになりたいという気持ちでした。もう一つ、違うカイロプラクティックの学校も在ったのですが、何故かこちらの学校に惹かれたみたいです。柔道整復師の道もあったのですが、今更... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/25 11:53
触診 2
 触診で、何が分かるかと言いますと、前回のブログで書いたように、骨の変位や動きのあるなし、皮膚の感触により、問題のある部位の特定などが分かります。これが、普通の触診であり、触っている部分の下に何があるかを考えながら、触診していきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/28 10:26
触診
 カイロプラクティックの治療をするうえで、必ず触診(パルぺーション)をしてからアジャスト(矯正)をします。触診の技術が治療の技術と一致すると行っても良いくらいに、触診は大切な技術です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/28 11:31
矯正の時のクリック音
 骨の変位に対してアジャスト(矯正)をすると、「ポキッ」というようなクリック音がします。この音は、何故でるかといいますと、色々な諸説はあるみたいですが、カイロプラクティックの場合は、以下のように言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 15:41
第一次呼吸メカニズム
 人間が、お腹の中に入っているときに、体を上下動する動きをしています。それが、第一次呼吸のメカニズムであり、オギャーと生まれてから始まる肺呼吸は、二次的なものだと言われています(第二次呼吸メカニズム)。    3歳から5歳時くらいになると、精神的なストレスや社会的なストレスにより、その呼吸のメカニズムが狂い、ホルモンの異状をきたし病気になると言われています。でも、人間の最初のストレスは、産道を通ってくるときであり、この時に、うまく回転をしながら出てこないと、何らかの障害が出る可能性があります... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/12 15:15
中耳炎
 中耳炎は、子供が多いと思いますが、耳に水が溜まる状況ですね。プールに入ってから溜まる場合もありますが、自然に水が溜まる場合もあります。風邪を引いたときとか、疲れているときとかですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/10 17:09
冠状動脈症候群
 冠状動脈とは、心臓に栄養を送る血管です。冠状動脈末梢の心労による狭窄や冠状動脈近位の肉体的疲労による閉塞があります。よく、胸に圧迫感があるとか、動悸・息切れがするといった症状で、病院に行って血圧や心電図を測ったのですが、異常なしと言われました。しかし、どうも胸の圧迫感があり、肩こりがひどいといった症状で来院します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/07 19:26
O脚の治療
 O脚で悩んでいる方は、多くいると思います。電話の問いあわせ等もあります。O脚だと何がいけないのかといいますと、スタイルの問題もありますが、骨盤内臓の動きが悪くなる為に、腰痛・肩こり・冷え性等の症状になっている事がを多く見受けます。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/01/11 17:49
大腿骨脱臼
 走り縄跳びの競技をしていて、ジャンプした後、膝を直接に地面に打ったことにより、大腿骨の部分を脱臼したという患者さんが、来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/13 16:42
治療を受けた後に痛くなる
 治療を受けた後に、痛くなったり、だるくなったりすることがあります。それは、歪んでいた身体が整うために、以前の身体との違いについていけないために、痛みとして感じてしまったり、凄いだるさを感じる人がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 23:00
アクチベーター
 アクチベーターというのは、カイロプラクティックの治療器具の名前です。「アクチベーター・メソッド」という治療法もありまして、結構そのテクニックで治療している治療院も増えてきているみたいです。体を動かしながら、脚調査で見ていく方法です。アクチベーター・メソッド専門のベットもありますので、この治療を受けた方もいると思います。治療効果も高く、カイロプラクターの中でも少しづつこの治療法に変えていく方も増えているみたいです。    私の場合は、このアクチベーターを強い矯正を好まない方や微妙な角度の矯正... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/17 09:26
手の痺れ
 手が痺れる場合というのは、首から手首までの部分で、神経が圧迫を受けて痺れているというのが大半です。いわゆる「頚・頚腕症候群」と言われています。そのほかにも、脳の問題や内蔵からの問題がある場合もありますが、一般的には、前者の方を先に疑いますし、多いです。  頚・頚腕症候群とは、首の第5頚神経から第1胸神経(頚神経の第5〜8と胸神経第1)が、一つの神経の束となって手を支配していきます。その神経が、頚椎の部分、前斜角筋(首の横のところ)、第一肋骨と鎖骨の間、烏口突起の出口(肩の外側の部分)、肘、手... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/25 10:06
カイロプラクティックの認知度
 カイロプラクティックは、どのくらい割合で知れ渡っているのでしょうね。5年前や10年前と比べれば、大分知っている人は増えていると思いますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/03 18:52
ムチ打ちの治療
 20歳の女の人です。去年のクリスマス・イブの日に、交差点で右斜め前方より、車に追突され、首のムチ打ち、腰の痛み、シート・ベルトによる右全胸部の痛みで来院しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 11:32
X脚の治療
 2歳半の幼児の足が内股で歩いているので、足底板(インソール・靴の中敷)の商品を取り扱っていますかとの問い合わせの電話でした。NTTのタウンページを見ての問い合わせでした。話を聞いてみますと、歩き方がおかしいと思うのですが、病院でレントゲンを撮り異常が無いので、問題ないでしょうと言われたのですが、歩いている姿が危なく見える。友達に足底板の話を聞いての問い合わせとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/31 11:13
赤ちゃんの治療
 生後7ヶ月になる赤ちゃんの治療をする機会がありました。症状としまして特別には、無かったのですが、一度見てもらいたいということで、治療致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/08/22 18:42
打ち身による痛み
 打ち身といいますと、人や物と接触して出来る痛みのことです。何らかの理由で、相手の肘や膝などがぶつかったりとか、壁などにぶつけてしまって、出来た痛みです。  普通の場合は、2〜3週間そのままにしておけば、治っていきます。早く治す場合には、痛めた直後は、氷で20〜30分冷やすと治りが早いです。その後は、暖めて血液の循環をよくすることで、早く治ります。ストレッチ等を施しますとなおさら早い回復となるでしょう。    最近の症例では、ソフトボールを行なっている高校生が、フェンスに激突して、左腕が左... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 18:10
痛みをあきらめないで!
 痛みで悩んでいる人は、たくさんいます。その人々の中には、痛みをあきらめて「自分は、もう治らない」「ありとあらゆるところに行ったけど、改善されなったので治るわけがない」と決め付けている人がたくさんいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/07 11:42
頭痛
 慢性的な頭痛や偏頭痛で、悩んでいる人がたくさんいます。頭痛の痛み方によっていろいろな種類に分類されますが、自然に治ったり、薬を飲んで治っている人の場合は良いですが、薬を飲んでも治らない。年がら年中薬を飲んでる。薬が手放せないという方は、何か他に問題があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/07 11:21
カイロプラクティックの治療は
 カイロプラクティックの治療は、感動と挫折の繰り返しかもしれません。長年の痛みが、画期的に消えたり、ひどい痛みがみるみる良くなって行く、過程を目の当たりにしますと、うれしく思います。しかし時には、自分の思ったように痛みが取れなかったり、治療していても、患者さんの身体が分からないということもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/19 10:36
野球肩・野球肘
 野球をやっていて、肩や肘を痛めてくる患者さんがいます。小学生や中学生のころから野球をしていて、肩や肘を痛める。あるいは、高校で硬式に変わり負担が掛かって痛める。後は、以前に痛めたのが、再び野球をしたら、痛くなったとか色々ですが。  小学生や中学生の場合、身体が出来ていないために、肩や肘に負担が掛かりすぎて、痛めるとか云われていますが、本当でしょうか。いくら治ったとしても、同じ動作を続ければ、再び、痛くなります。以前は、脱臼などにおいても、身体を良い状態にしておいてから、その周りの筋力を鍛える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/13 11:27
長年続いた咳が止まる
 膝が痛くて、通院始めた患者さんなのですが、もう30年くらい横になって寝ようとすると、咳が出てきて止まらないという症状が、続いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/08 17:17
やっぱり、まだ、認知度が・・・
 今週発売の某週刊誌に、腰痛の記事が載っていましたので、内容を本屋さんにチェックに行きました。テレビで活躍中のM氏の脊柱管狭窄症の手術をした、整形外科の先生の対話形式の記事でした。   出だしの内容に、民間療法は素晴らしいものがあると書いては、あったのですが、カイロプラクティックと灸は、良くない。針は、古い歴史があり素晴らしいと書いてありました。灸は、皮膚が化膿するからだと。カイロプラクティックは、脱臼を起こすので良くないと。  読んで、すぐ目が点になり、ざっと途中まで読んで、やめたのですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/07 10:34
犬の治療
 13歳になる、ポメラニアンの治療なのですが、13歳というと人間では役70歳位で、平均の犬の寿命は、12〜13歳といわれています。心臓が弱ってきてるということで、1週間ほど入院していまして、その後もあまり歩くことをしていなかったら、立てなくなってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 16:20
肋骨の痛み
 肋骨の痛みは、普通、骨折による痛みがほとんどだと、思われます。打ち身による痛みもありますが。何かとぶつかって胸を打った。転んだ拍子に胸を打ってしまったということ等で、肋骨を骨折するということが、一般的に多いと思いますが、ゴルフやテニスなどのスポーツ等で、疲労が重なり知らないうちに骨折していたというケースも多々あります。  やったその日は、痛いのは当然ですが、肋骨の骨の部分を押すと痛い。それが、3日間くらい経っても消えなければ、肋骨の骨折を疑ってください。結構、簡単に折れてしまうものです。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/06 11:49
捻挫と挫傷と腱鞘炎・腱炎
 手とか、足とかを怪我したときに、それが、捻挫なのか、挫傷(肉離れ)なのか、腱鞘炎・腱炎なのかを普通の人が見分けるのは、難しいですよね。  捻挫は、骨と骨との関節をつないでいる靭帯が、伸びたり・切れたりした状態をいいます。どちらかといえば、縮めた時に、痛みを強く感じます。挫傷(肉離れ)は、筋肉が部分的に切れた状態をいいます。筋肉を伸ばすと、痛みを強く感じます。捻挫か挫傷かを見分けるのには、痛めた部位と縮めて痛いか、伸ばして痛いかで見分けます。腱というのは、筋肉の付着部分で硬くなっている部分です... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/24 18:47
腰痛の治療は、難しい
 治療の中で、一番腰痛の患者さんが多いと思うのですが、腰痛の治療が一番難しいと感じています。それは、開業した時からですが。体の要で、痛いと全身影響が及ぶからなのかも知れません。使わないわけには、いけない部分であるからかも知れません。  腰痛だけには限らないのですが、本当に治療するということは、難しいと感じています。治る過程において、例えば、筋肉が緩んできている。骨と骨との関節の動きが出ている。背骨のずれが取れてきている等のことで、症状の軽減を診ることは出来るのですが、それだけで、どこまで治って... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/21 18:57
疲労骨折
 スポーツ障害の一つと思いますが、長い間の慢性的な疲労が、骨に負担を掛けて、骨折ししまいます。多いのは、足の中足骨(指に手前の骨)、脛骨や大腿頸部等に見られます。  痛みと腫れが見られます。しかし、病院に行って、レントゲンを撮っても写らない場合があり、その後、数週間経って、治ってくると写真に写ります。痛みの部分が、骨の部位であるため、比較的きちんと診断がされる場合が多いと思いますが、レントゲンに写らないため、見落とされることも多々あります。  休養し、自然治癒に任せるしか、方法は無いと思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/19 09:49
突き指の治癒経過
 人差し指第2関節を脱臼みたいな形で突き指しました。前回の続きになります。突き指をして、1ヶ月経ちましたが、まだ完全に指が曲がりません。普通の生活には、支障は無いのですが、人差し指第2関節近辺が、少し腫れています。  本来であれば、もう治っていていいはずです。それが、腫れているのは、関節に微妙なずれがあるからで、違和感を感じています。一応それなりには矯正をし、まっすぐの状態にしたつもりでしたが、微妙なずれが、残っているでしょう。  まあ、そのうち治るだろうと、そのまま経過させていたのですが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/18 18:28
突き指をしてしまいした。
 10日ほど前に、右手人差し指の第2関節を突き指してしまいました。運動をしていて、人と接触をし、突き指というより、脱臼の症状です。突き指した後、人差し指の第2関節が親指側に、曲がっていました。それを牽引掛けながらのアジャスト(矯正)で治し、後は、指に軽い牽引を掛けながら治しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/22 11:32
背中の痛み
 背中が痛いといってもいろいろありますが、背中の痛み、肩甲骨の内側の痛みを指して、いう人が多いようです。この場合、背骨の中心が痛いのか、少し横にずれた場所が痛いのかで、痛みの原因が違ってきます。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/10 11:34
痛いときには安静?
 ぎっくり腰とかで、痛いときは安静にしていた方が、良いのでしょうか。現在は、動けないときは安静ですが、動けるのなら、痛みの出ない範囲で動いたほうが、良いとされています。治る期間は一緒なので、それならば、動いていたほうが筋肉が落ちないので、動いて治したほうが良いです。そのほうが、社会復帰も早いです。  どこまで、動いて良いのかというのは、難しい判断になりますが、痛みを誘発しない範囲で動いて治す事が大事です。無理はしない範囲でということになります。  最近見えた患者さんで、以前掛かっていた治療院... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/14 10:41
カイロプラクティックはカイロプラクティック
 NTTタウンページで、今までは、カイロプラクティックは各種療法の中に入っていましたが、今度のタウンページより、各種療法を二項目に分け、カイロプラクティックと整体となります。  カイロプラクティックを一言で言うと、「背骨を矯正し、神経の働きを正常にする」ことですが、「アメリカ生まれの整体」と言った場合のほうが分かりやすいこともあります。やはりカイロプラクティックは、カイロプラクティックという言葉で表現された方が、判りやすいです。療術も治療項目のなかにカイロプラクティックを入れていますが、カイロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/09 10:20
寝違い
 朝起きたら、首が痛くて動かない。首から肩周辺に激痛が走る。このような症状を称して「寝違い」と言われています。  確かに、寝違いは、首の骨のずれや肩周辺の筋肉の問題で起きてはいますが、それだけの原因で起きている訳では、ありません。骨をずれさせていることや筋肉を固くさせていることがあります。  夜寝ている時に、何らかの形で寝返りを打った時に、痛めているのでしょうが、普段の寝返りでは、何でもない事なのに、何故、突然に痛めるのかといいますと、筋肉系や内臓系の疲れが原因で、体の一点に負担が掛かって、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/07 09:12
側弯症
 側弯症とは、脊柱が右又は左に曲がっている症状です。10代の女の子に多く、80%が原因不明と言われていますが、発達・成長の段階で、重いカバンなどを片側で持つために、なるのではないかと言われています。  最初は、Lの字に曲がり、だんだんにSの字に曲がっていきます。Lの字に曲がってきた時に、それを修正するために、Sの字の曲がりになる場合が多いようです。Lの字は、平面的な曲がりで、Sの字は、立体的な曲がりといえると思います。  治療としては、カイロプラクティックの場合、骨盤の問題で曲がっている場合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/21 12:04
患者さんへの説明
 普通、患者さんが、最初に来た時に、治療をする前に、何処が痛いのか等の話しを聞いてから、ちょっとした検査をし、治療を始めます。患者さんによって、検査も簡単に済ます場合と気になる時は、何度か確認をします。その場合は、検査の数も増えます。  その後、治療に入る時に、このような感じで治療して行き、身体の状況によっては、また違うテクニックを入れますと説明してから、治療します。治療中も説明する場合もありますし、終わった後に、治療の説明をし、こちら側の感じている、患者さんの身体の状態や治療後の反応などを話... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/12 09:35
痛みの記憶を消す
 昔、痛めた個所が、何年か経って痛み出すということが、あると思います。ムチウチなども、何年過後に出るという話をよく聞きます。それは、身体の中に痛みが記憶として残っていたり、細胞に傷が残っているために起こると云われています。また、その時のショックが、骨や軟部組織に影響を与え、その微妙な狂いを身体が知らない内に庇っているといった事もあります。  治療中に、隠れていた痛みが出てきたり、その痛みが再現されたりしますと、その痛みは、消えていきます。それは、脳の中で痛みが再現され、その後、正常な位置に身体... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/17 13:37
五十肩
 40代、50代になって、肩が痛い、腕が上がらないとなリ病院に行って診察を受けますと、五十肩と云われます。五十肩って何ですかと云われても、良く分からないのが現状だと思います。  五十肩というのは、40・50代になってきて、肩が痛い、腕が上がらない、それでいて、レントゲンに異常なし、肩周辺にも炎症などが見られない症状を総称して、五十肩と云っています。端的に云いますと何で痛いのかが、分からないので、五十肩と云っているだけです。  例えば、肩や関節に炎症があれば、○○関節炎という診断がつきます。筋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/09 11:50
呼吸をすると痛くなる
 木曜日に見えた大学生の患者さんです。月曜日の朝起きたら、肩が張っていて、水曜日になったら、呼吸をすると肩から背中に掛けて、ひどい痛みがあり、地域の総合病院で診察を受けました。肺のレントゲンに異常無し、肋骨も折れていないので、まあ、命に別状はないでしょうと言われて来院しました。  左肩の方が痛みが強い、呼吸をすると痛くなる。この症状からすると、やはり肺の問題が考えられますが、念のため、心臓の方も疑い、背中や痛みの部分を注意深く、検査していきますと、やはり、肺に何らかの問題があるのかなという感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/29 12:38
膝に水が溜まる!
 年配の女の人に、多いと思いますが、膝に水が溜まってしまう人がいます。変形性膝関節症といわれている人に、多く見られます。ぶつかって、膝に炎症を起こしている時なども、水は溜まったりしています。でも、その水は、関節の間が狭くなって、骨と骨が当たっているために、出ている水であって、体の防衛反応として出ているのです。  医者に行きますと、注射で水を抜いたりしますが、体を守るために出ている水なのですから、抜いてはいけないということに成ります。医者の方でもそれを解っているのですが、水を抜くと痛みが取れたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/26 17:24
頭蓋骨の動きにびっくり!
 もともと、治療に対して相性の良い患者さんなので、半年ぶりの治療だったのですが、いつも、身体の痛みの治療で終わってしまうため、是非、頭蓋骨の治療までしてみたいと思っていました。  身体の動きを見るために、足に触れただけで、身体が動くくらい反応が良いです。別に、気功で治療しているわけではないのですが、反応します。  体のほうの治療の後に、頭蓋骨の矯正を行ったら、こんなに動いて良いのかなと思うくらいに、頭蓋骨が動きました。頭蓋骨の動きは、普通、縫合(骨と骨の合わさった部分)に合わせて、膨張運動を... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/18 20:00
半健康な日々?
 現代人は、病気を持っていない人は、健康であるはずですが、何故か、健康といえるのかなと思える人たちが、多くいます。体が、だるい。腰が痛い。肩が張る。など、病気と言えるほどではないですが、不調を訴えています。  テレビ等でも、多くの健康番組を見ることができ、いろいろな健康法が、存在しています。体に良いとテレビで流れると、その食品はすぐに、売り切れということになることも多く見うけます。じゃあ、何故健康になれないのでしょう。  カイロプラクティックの場合、背骨がずれて神経に圧迫を与えていることを原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 12:35
カイロプラクティックという職業
 カイロプラクティックという職業は、ちょっと変わった位置にあります。普通、腰痛になった場合に、整形外科などの医者に行きます。それで、思わしくない場合や、湿布と薬ではという場合に、理学療法を受ける、接骨院に行くという方法を取ります。それでも思わしくない場合、カイロプラクティックや按摩・針・灸・マッサージを受けるというのが、一般的だと思います。  整形外科や接骨院(柔道整復師)は、保険の適用が受けられます。按摩・針・灸・マッサージも国家資格があります。カイロプラクティックは、日本の場合は民間資格で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 11:54
顎関節症
 口を開けようとすると、大きく開けられない。偏って開いてしまう。クリック音がする。がくっとズレるなどの症状がある場合は、顎関節症の問題があると思われます。  普通、真っ直ぐに開いて、真っ直ぐに閉じられます。それが、ずれて開いたり、思うように開かなかったりした場合は、異常があります。自分の指人差指から薬指までを縦にして、開いた時に入れば、問題がないのですが、入らない場合も異常という事になります。  では、何故、顎関節症になるのかといいますと、歯の高さの問題、噛み合わせの問題、片側だけで噛んでた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/10/05 11:30
椎間板ヘルニア
 背骨の骨と骨との間にある椎間板。それは、クッションのような役目をしています。椎間板は、中に髄核という軟骨があり、回りを繊維輪というもので覆われています。ヘルニアというのは、出るとか、突出するなどの意味ですので、椎間板の範囲内から軟骨が、出るという意味です。それが、神経に触って痛みや痺れがでます。  なぜ、椎間板ヘルニアになるのかといいますと、加齢とか常日頃の姿勢の問題などが上げられますが、40歳以上で73%の人がヘルニアを持っているといわれています。痛みのない人でも、40%の人がヘルニアを持... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/09/26 21:01
カイロプラクティック・ディ
 9月18日は、カイロプラクティックの日。1895年、アメリカのダベンポートで、D.D.パーマー博士が、急に耳が聞こえなくなった、召使のハーベィ・リラード氏の背骨の治療(ファースト・アジャストメント)をした日です。その事に由来して、「カイロプラクティック・ディ」となっています。  10年前の1995年には、ダベンポートとワシントンD.C.で、100週年を祝う祭典が行われました。丁度、今日が、110周年目の日となります。いろいろな民間療法が生まれましたが、これだけ長い間、親しまれているものは、他... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/18 10:03
ぎっくり腰
 突然、ちょっとしたはずみで、ぎっくり腰になります。ぎっくり腰は、「魔女の一撃」と言われるほど、なる時には、簡単になってしまいます。重いものを持とううとした時に捻ったとか、掃除機を掛けていて、朝、顔を洗おうとしてとか、簡単な動作でも起きてしまいます。  普段、行っているはずの動作なのに、何故かぎっくり腰になってしまったという経験を持っている人はたくさんいると思います。  じゃあ、何故なるのかといいますと、自分で気付かないうちに、筋肉系の疲れや内臓系の疲れが原因となります。普通、物を持つ時に体... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/09/06 11:35
脳梗塞のリハビリ
 以前に、治療を受けていた患者さんで、今回、右股関節の痛みを訴えて来院しました。一年半前に脳梗塞を起こし、右手・右足としゃべり方に障害が残ってしまいました。股関節の治療と共に、脳梗塞のリハベリもできるならばという事で、身体の動きの改善と頭蓋骨の治療を行いました。   手や足を動かす事によって、脳に影響を与えるのですが、リハビリの場合は、術者による他動的な運動をさせる事によって、改善させようとしています。それを自分の内圧によって、動かす方法を取っています。手や足などに、直接接触して、治療した場合... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/08/25 10:54
頭蓋骨の治療
 最近、テレビや週刊誌などで、頭蓋骨の矯正で、小顔になるなどという記事などがあります。まあ、確かに、矯正を受けた後は、小顔になることはなります。顔の歪みは、身体の健康状態の問題からと言っても良いくらい、影響があることは、間違いがありません。  しかし、頭蓋骨の矯正は、そのような目的の矯正ではなく、人間が、赤ちゃんの頃は、頭の骨が完全にくっついていなくて、柔らかい状態になっています。それが、5歳時くらいに縫合として付いて、完成されると言われています。ところが、頭蓋骨には、呼吸運動とまた違った、1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/08/23 15:59
古傷
 以前、痛めた個所が疲れてくると痛んだり、雨が降る前になると痛んだりすることがあります。それは、もう治らないと諦めている人が多いでしょう。治らない事もないのですが。  それは、痛めた所が治ったように思えても、痛めたさい細胞に記憶が残ってしまうと言う事があります。それと、もう一つは、治っているはずなのに、脳から痛いという間違った指令が出ているために、いつまでも痛みを感じてしまいます。悩んでいる人多いですよね。  早期に治療が出来ると、身体からその記憶を抜きやすいのですが、理想としては、1週間以... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/15 14:35
肩こり
 肩こりの人って多いですよね。なぜ、肩が凝るのか。「筋肉が張っているから」的を得た答えと思います。では、肩こりを解消するのには、どうすれば良いのでしょうか。筋肉が張っているのだから、筋肉を揉み解せば良いと思いますが、その場は気持ち良くても、すぐに戻ってしまいます。単純に、筋肉が張っているだけの事なら、そのままにしていても治ります。ストレッチをするくらいで充分でしょう。筋肉を使い過ぎての筋肉痛なら時間と共に解消します。  それで解消しないのなら、カイロプラクティックでいうサブラクセーション(骨の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/02 11:12
カイロプラクティックに魅せられて!
 職業としてカイロプラクティックを選択した、その理由は、ただ単に、大学時代まで運動部に所属していて、先輩の体を揉んでいて、多少マッサージ的なものができたので、自分にあっているのかも知れないと思い、この道に進む決心をしました。その頃は、ただ単に「カイロプラクティック」という言葉も知らずに、整体みたいなものと思っていました。  手技療法のなかで何を選択するかという点で、針はどうもなじめなく、柔道整復師は、柔道をするのが嫌で、整体かなと思い、調べていたらカイロプラクティックの学校が見つかり、自分とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/26 14:34
捻挫 2
 以前書いた内容で、「捻挫」のページがアクセス数が多いので、もう少し突っ込んで書いてみます。やはり、捻挫が治らなくて悩んでいる人が多いのでしょうか。  捻挫とは、その部位の靭帯が、伸びたり、切れたりした場合です。足首の捻挫に関してですが、足首を外側に捻る場合と前側に捻る場合があります。以前は、外側に捻る場合が大半でしたが、最近は、前側に捻るケースが多く見られます。欧米の外国人に多い捻り方といわれていましたが、最近は、こちらのケースが多いです。  外側に捻った場合は、一方向からの圧力により、く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/23 10:56
笑顔に励まされて
 この仕事をしていての一番の励みは、患者さんの笑顔です。治療が終わった後に笑顔で、帰ってもらえることを目標としています。  最近では、30年来の腰痛と股関節の痛み、前に足が出ないと言う症状で来ている人が、大分良くなっていたのですが、股関節の痛みがなくなったと笑顔で入ってきました。1年ぐらい前から、「30年間何処に行っても、ウンともスンとも言わなかった体が少しづつ変化してきた」と言っていたのですが。治療院に入ってくるなり、「痛くないんですよ」と。こちらもつられて笑顔で良かったですねと。でもこの患... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/19 17:29
カイロプラクティックを学ぶ
 カイロプラクタ−になるためには、普通は、カイロプラクティックの学校に行きます。日本の場合ですと、通常2年ぐらいが多いです。その後、インターンや助手を経験して、開業というのが一般的なパターンだと思います。その他には、アメリカなどのカイロプラクティックの大学を卒業して来た人もいます。一般教養を取得して4年ですから、かなり大変だと思います。  針や柔道整復の学校を卒業した後に、カイロプラクティックの学校にくる人もいますし、その逆もあります。カイロプラクティックを生業としていく上では、それほど、針や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/18 10:24
学校の見分け方
学校の見分け方は、かなり難しいですよね。日本の場合2年の学校が多いです。その2年でも、週に5・6日やっているところと、土日とか日曜だけで2年間なんて学校もありますから。また4年間の学校のあります。4年間勉強すれば、確かに安心して次のステップに進めますが、高校が終わって4年では、まだ22歳。開業してもなかなか信用が得られる年にはなってません。社会人になっての4年も大変です。カイロプラクタ−になったら、必ずしも明るい未来とは、行きませんし、本人がカイロプラクティックの仕事に合っているかなんて仕事して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/15 19:10
なぜ、腰痛になるのでしょうね。
 人間が4足歩行から2足歩行になったことから、骨格に無理が掛かり、腰痛になるといわれています。姿勢の問題は大切であり、骨格への負担が影響を与えている事は、間違いのないことです。  では、負担が掛からなくするのには、どのようにすれば良いのでょうか。私たちは、意識しないで体を使っていますが、無意識の中の動きの中に、人間が本来したくない動きを行っているのかも知れません。小さな子供は、腰痛はありません。最近は、小学生でも腰痛・肩こりなんて子供もいますが、でも、小さいうちはほとんどないでしょう。子供は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/09 14:44
新聞の記事を見て
 茨城県牛久市で、起きた事件の記事なのですが、被害者の女性が3月からカイロプラクティックの勉強をしていて、12月頃に開業を目指していて、一生懸命勉強をしていたというのですが、3月から勉強していたのなら、12月まででは、9ヶ月間しか時間がありません。果たして9ヶ月で、何が出来るようになれるのでしょうか?  自分の場合は、2年間学校で勉強して、4ヶ月間インターン(通常は6ヶ月)、そして、開業しました。同期のなかで一番早い開業でした。結構自分自身では、触診(骨の変位などを診ること)に自信がありました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/29 15:11
治療する以上は
 治療をするという事は、その人症状や訴えにある程度の責任を持つ事だと思っています。この痛みは治りますかと問われて、「とりあえず治療して見ないと」と答えています。患者さんの望みが分からないからです。痛みが、少し取れただけでも「取れた」と言ってくれる人もいるし、ほぼ、痛くない状態になっていても「まだここが痛いです」とぜんぜん痛みが取れていないように話す人もいます。  治療って、痛みを取る事だけだとは思っていません。痛みを作っているものを除去しないとすぐ同じ状態になってしまいます。それと、身体が変わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/14 17:53
治療の実力
 都会でクイックマッサージ店に、勤め始めたという女の子が、治療に来ました。治療の後に、どのくらいの技術があるのか、見せてもらったら、ただ、揉んでるだけでした。本人にもその自覚があり、少しだけ教えてあげたのですが。うーん、あのやり方では、本人が指を痛めてしまいます。  どのように教わっているのか尋ねたら、なにも考えずにひたすら揉むというように教わっているみたいです。そんなことでは、きちんと揉めないし、自分自身の指が悲鳴を上げてしまいます。  でも都会の大きな駅前に勤めているので、それなりに、人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/01 17:49
治療院の見分け方 2
 日本のカイロプラクティックの場合、資格というのは民間の資格になります。学校や団体の発行する資格です。国内の色々な資格のなかにも民間の資格はたくさんあります。今、現在は資格を取ることが他人に認められるのに有利とされています。  日本のカイロプラクタ―の場合は、アメリカのカイロの大学を卒業した人、日本の学校を卒業した人、この場合4年の学校、2年の学校があります。一般には、2年の学校が主体です。2年の学校の中にも1週間授業が行われている学校と日曜日だけ行っている学校とに分かれます。そのほかに、半年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/18 16:06
治療院の見分け方
 一般の人が、何処の治療院が良いかを見分けるのは、かなり難しい事と思います。基準って何でしょうね。自分の治療所は、紹介が8〜9割という感じです。ちょっと、目立たないところで、行っていますので。電話帳に広告を載せていて、それで、月一人位いるかな、看板や治療所の前を通ったのでが、3ヶ月に一人ぐらいで、後は、皆患者さんの紹介です。  患者さんに言っているのは、紹介を頼まれて知り合いの治療所がない場合。まず、電話で応対を聞いてから行った方が良いですよと言っています。それと始まったばかりの所は、行かない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/16 17:16
それが、常識ですか!
 常識というのは、一般的な事を言うのであって、それ以上でもそれ以下でも常識の枠の中に入りません。ケガなどをした時に、治る期間があって、例えば、ぎっくり腰などは、1ヶ月間ぐらい掛かると言われています。状況にもよりますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/13 10:13
疲れているのかな?
 連休中、休みの間の日に仕事をしていたら、凄く忙しくやっと、遊びの疲れと仕事の疲れが取れてきました。治療していて、よく疲れませんかと、患者さんに聞かれるのですが、身体よりも頭が疲れます。でも、患者さんによって疲れ方は違います。なんとなく、相手の身体が分かって、うまく治療が行っていると疲れませんが、分からない、取れない、なかなか良くならないとなると、その一人の人でも疲れます。  患者さんによっては、患者さんが言っている症状と違う何かが隠れているのかなと思う人の場合もやはり疲れます。凄く、気を使っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/12 16:26
ムチウチって!
 車に追突され、ムチウチになります。さあ、どうします。相手との示談の点や保険の関係で、病院に行くと思います。レントゲン・牽引・湿布等で安静にします。この対応で良いのでしょうか。  ムチウチは、何年後かに症状が出てくると言われています。それは、初期の段階で何もしないから出るのです。ムチウチを受けた事によって、その細胞などに傷がつき、それが記憶として残ると言われています。  では、どのようにすれば良いのかといいますと、せめて3日から1週間のうちに、もとの身体の状態に戻すことが、大切です。信頼の置... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/14 10:47
本当は?
 例えば、ぎっくり腰の場合。最初どうしますか?まあ、状況にもよりますが、暫く、安静にしていて、それでもダメなら、病院に行く人が多いと思います。レントゲンを撮って、飲み薬と湿布をもらいます。注射する病院もありますが。それでも治らないと、接骨院に行って、電器(低周波など)と軽いマッサージを受けます。それでも、治らないと、カイロや針に行く事を考えます。私の治療院来る過程はこのようなものだと思います。  一概には、言えませんが、病院、接骨院で治る場合は、自然に治っている場合が多いのかもしれません。実際... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/12 17:13
自分の身体に気付く!
 昔のマンガ(あしたのジョーだったと思うのですが)に、俺の身体は俺が一番良く知っているというセリフをよく耳にしましたが、本当は、どのくらい自分の身体って分かっているのでしょうね?気付いたときは、かなり悪くなっていたなんてこと、よく聞きますよね。結構自分の事や自分の身体の事って分かってないものなのかも知れないですね。  痛みの在るところが必ずしも悪いところとは、言えないです。痛くなれば当然身体が、その部分を庇って、それなりに、痛みから逃げる姿勢を作ります。そのうちに身体が少しづつ変になって、やっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/09 16:44
カイロプラクティックと言っても!
 カイロプラクティックと言いましても、色々なテクニックがありますので、治療所ごとに治療の内容もだいぶ違います。100年以上の歴史があり、しかもテクニックがカイロプラクティックの○○テクニックとなっていますので、私が、使っているのでも、大雑把に数えても10種類以上です。そんなわけですから、「えぇ、カイロってこんな感じ」なんてコメントも耳にします。  日本の場合は、自分の名前をつけて○○式となっていますから、このテクニックをちょっと替えただけじゃないのと思うのが結構あります。だから、カイロって民間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/31 17:34
捻挫
 捻挫って、場所にもよりますが、3〜4週間固定しておくと自然に治ります。動かしながらいても、治るのですが、そのあとよく癖になって、何度も捻挫をする人が多いですよね。よく慢性捻挫と言われていますが、それは、捻挫した靭帯(靭帯が伸びたり、切れたりするから捻挫です)が、元の状態に戻ったのですが、捻挫した事によって、微妙に骨の位置がずれてしまいます。そのままの状態にしておくとまた捻挫をします。それが、何度も何度も捻挫をする原因なんですが、なかなか、それを治してくれる所が、無いのが現状です。  本来は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/29 10:59
スポーツ障害について
 スポーツを激しく行っていると、体の何処を故障したりしてますよね。例えば、野球なら、肩や肘。バスケットなら膝の痛みや捻挫など。使いすぎると段々に悪くなるとか言われています。でも、一流の選手は、ケガが少ないし、その状況でうまくケガにならないように体を使っています。度重なる練習のよる疲労も体の使い方が悪いと段々体が壊れてきます。5年前、10年前に正しいとされた理論の今現在正しいとは、限りません。  治療していて、私たち治療家は、治すことだけでなく、体の壊れない使い方も理解していないといけないと思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/19 09:59
自然治癒力
 人間が、持っている自然に治ろうとする力、それが、「自然治癒力」です。傷ついても、自然に治ります。骨折しても骨は、元のようになります。私が、治療している中で一番多いと思う、「腰痛」本来なら、自然に治るのですが、それが、治らないのには、何かが狂って来ているからです。  身体の歪み、そう確かにみんな歪んでいます。なのに何故、痛い人痛くない人が出るのでしょうか?普通の人のMRIを撮ったら、73%の人が、ヘルニアがあると言われています。では、73%のうちどのくらいの人が痛みで苦しんでいるのかと言ったら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/14 11:52
カイロプラクタ―
 カイロプラクティックって?アメリカで生まれた整体です。背骨を矯正する事によって、人間の持っている、自然治癒力を活性化させるのが、目的です。背骨を矯正することにより、神経の流れを良くして行きます。  あくまでも、私たち治療家が治しているのではなく、本人の力で治っているのでしょう。本当に、人間には、すごい力があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/12 11:47

トップへ | みんなの「健康」ブログ

カイロプラクタ―のつぶやき 健康のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる