カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 風邪の治療

<<   作成日時 : 2010/05/26 10:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月の連休明けに、5・6年ぶりに風邪を引きました。しかもどうにか治療することはできたのですが、なかなか治らずに、10日間位症状が残ってしまいました。

 自分で風邪を治そうと、身体のどの部分に症状が出ているかを自分の手が触れる範囲で治療しました。よく質問を受けるのですが、「自分自身の治療はどうするのですか」と。自分で治療します。ただし、どうにもならない時は、自分の家内も治療ができますので、その時は治療してもらいます。

 自分で治療する場合は、普通に触っていれば、だいたい痛みは取れていきます。自分で痛みの消える方向に強さの加減をしながら行います。治療が効いているかどかは、手の意識を消すとその手の感覚だけが残りますので、普通に患者さんにしている治療を同じように行うことができます。

 風邪の治療の部位は、一般的に胸椎11・12番の棘突起(背骨の中心の部位)上、右胸椎5・8番横突起(背骨の中心から2.5センチ横の部位)上、左右胸椎3番横突起上。前側では、右第5.8肋間の胸骨より、肺の反射ポイント。後頭骨と仙骨です。

 今回は、のどのいがいが感と軽い咳の症状でした。自分で鎖骨から第1肋間。第3肋間。右第5・8肋間を中心に触っていました。で、手技の治療が効くかどうかという点で、家内に第5頚椎から第3胸椎の部位の治療を受けたら、その夜は、咳がぴたりと止まりました。その部位だけを治療でしたので、完全に治ったわけではありませんでしたが、風邪に治療が効果のあることが確認できました。

 風邪を引いたことが、自分自身情けないことでしたが、まあ、治療効果を確認できたことは良かったと思います。これからは、風邪を引かないように心がけます。風邪気味に期間に治療を受けに来られた方には、多少の迷惑をお掛けしました。反省します。



部位別エコー検査決め手の症例100?検査・診断のコツがわかる!
メディカ出版
山本 幸治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 部位別エコー検査決め手の症例100?検査・診断のコツがわかる! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風邪の治療 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる