カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 説明不足でした (ぎっくり腰のアイシング)

<<   作成日時 : 2010/02/16 15:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ぎっくり腰で、腰椎5番と仙骨の間(L5〜S1間)での炎症を起こして、来院した患者さん。

 治療は、患部近辺の筋肉を緩め、腰椎5番のアジャストをしました。治療後、まだ患部に炎症があるので、帰宅した後に20分ずつ3回氷で冷やしてくださいと伝え、最初は冷たく感じ、その後痛く感じますが感覚がなくなるまで、冷やしてくださいと伝えました。

 翌日、来院したときに、まだ、患部に炎症が残っていました。患者さん本人は言われたとおりに、3回アイシングしましたと返事でしたが。

 治療後に、今日も帰ったらアイシングしてくださいと言うと、冷やす場所をマジックで印を付けてくださいと言われたのですが、椎間板ヘルニアに対するスパイラルテープを貼ってありますので、背骨の中心とスパイラルテープを横に1本長いテープが貼ってありますので、その交わる部分を冷やしてくださいと言うと、昨日は、臀部の痛い場所を冷やしてしまいましたとのことでした。これで、炎症が消えていない原因が分かりました。下部腰椎の部分に、炎症があったのですが、自分が触れば炎症を確認できるのですが、患者さん自身では、確認できなかったみたいです。(手の甲で、患部を触ると熱間が感じられる)

 自分では分かっているので、きちんと説明したつもりだったのですが、伝わっていなかった。そのために、痛みの直接の原因の場所でなく、痛みの強い部分をアイシングしていたために、炎症を取ることができませんでした。アイシングの仕方を書いた紙も渡し、完璧と思っていたのですが、説明不足でした。
ユーザレビュー:
文句なし!シレン大好 ...
ダンジョンRPGの金 ...
久々の本格派!スーフ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
説明不足でした (ぎっくり腰のアイシング) カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる