カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS オスグッド病

<<   作成日時 : 2010/01/22 17:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 オスグッド・シュラッター病とは、バスケットボールやサッカーなどのスポーツをする小学生・中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。

 激しくスポーツをすることで、太ももの大腿四頭筋などの筋肉がが著しく鍛えられて、膝の軟骨が出てきてしまいます。初期の段階で軟骨が出てくる前では、成長痛と診断されている場合もあるみたいです。

 実際の治療において、膝の痛みの部位とその周辺の関節等を触診しますと、微妙に内側か外側の関節の部分で痛みの違いを触診することができます。このことは、オスグッド病というのは、筋肉によって骨が引っ張られて痛むことにはなるのですが、体の使い方が悪いために膝に負担が掛かり、骨軟骨炎になるということがいえます。

 簡単にいいますと、膝頭とつま先の位置が同じ方向を向いていないといけません。当然ながら股関節も同じ位置を向くことになります。そうしないと、自分で体重をかけてみると分かりますが、膝のどちらかに負担が掛かります。そのためにいためる原因になります。もう一つは、膝を曲げた時に、自分の目でつま先が見える状態で曲げていないとなりません。つま先が見えないと、膝周辺に対する負担は、かなり大きくなります。この場合は、膝を曲げるのではなく、股関節を曲げることを意識すると改善されます。

 治療としましては、膝蓋骨の位置を正常な状態に戻すことと、膝関節の軽い牽引が有効的です。ある程度治った状態になっても痛めたことと同じ動作を続ければ、また、痛めることになります。上に書いてあることを意識して体を使うことが、オスグッド病を未然に防ぐことにつながります。意識して取り入れてみてください。



オスグッド(成長痛)、ジャンパー膝に! 【20%OFF】 ザムスト 膝 ヒザサポーター JKバンド 【ZAMST】 サッカー フットサル バレー ラクロス(JKバンド)<発送に2?3日掛かります。>
ピットスポーツ 楽天市場店
こちらの商品はメーカー取り寄せの為、発送までに2?5日程度かかる場合がございます。・お皿の下を適度に

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスグッド病 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる