カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤ちゃんの股間節の治療

<<   作成日時 : 2008/04/08 16:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 生後6ヶ月の赤ちゃんの治療です。3・4ヶ月検診で、「右の股関節の動きがおかしいかもしれないので、様子を見ましょう」と言われたので、ちょっと心配なので、治療を受けてみたいとのことで来院しました。

 確かに触ってみますと、右の股関節の動きが左と比べると動きが少なく、硬い感じでした。そのことを母親に確認してもらいますと、母親自身でも分かるほど左右の動きに、違いがありました。

 治療は、右の股関節にストレッチで動きを付け、右骨盤の坐骨結節にアクチベーター打ち、骨盤の矯正をしました。

 今日で、3回目の治療となりましたが、最初治療後に、よだれが異常に多く出ていたのが改善され、オムツを取り替えるときに足が以前より開くようになったと言われました。2回目の治療後は、お座りが出来るようになり、一人で遊ぶようになったそうです。

 今回の治療後は、ほぼ完全に左右の動きが改善され、右足を大きく蹴って動かしていました。治療を始めたのが、早かったおかげで、良い結果が出たと思っています。

 まだまだ、幼児がカイロプラクティックの治療を受けるという意識は少ないと思いますが、いろいろな治療にチャレンジできることをうれしく思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤ちゃんの股間節の治療 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる