カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS カイロプラクティック病?

<<   作成日時 : 2007/10/12 16:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 カイロプラクティックだけでなく、整体、針、マッサージ等を多く受けてきた患者さんに見られる症状なのですが、痛みが治っているのではなく、身体に隠れているのではないかと感じられる場合があります。

 多くの場合、長年いろいろな治療を受けてきた人に見られます。それは、痛みの部位やコリの症状の強い部位を中心に施術され、確かに痛みは以前の状況より、良くはなっていますが、治りきっていない。だから、良くなってもまたすぐに身体の不調を訴えます。そして、同じような治療を受けていないといられないという具合です。

 人間は、不思議なもので同じ治療や同じ刺激に対して、効果がだんだん鈍くなります。以前は、1回で取れた症状が何回も掛かったり、あるいは、定期的にぎっくり腰等を繰り返すというのは、本当に治っていない場合です。

 治療は、身体全体のバランスを診たり、その痛みに対して他の部位とのバランスを取ることも必要です。痛みの部位だけを治療しただけでは、その後、それなりにバランスを取って、また違った不調を訴えることになります。

 長く治療を続けていれば、本来なら姿勢も良くなり、風邪を引かなくなったり、引いてもすぐ治る身体になっていなければなりません。自分の身体の感性が鋭くなり、自分の身体により気付くようになります。そうなっていない場合は、何か他の部位等に問題があるのに見過ごされている場合もあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カイロプラクティック病? カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる