カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 変形性膝関節症の治療

<<   作成日時 : 2007/07/19 14:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 変形性の膝関節症は、年配の女性に多い病気で、太っていて、自分の体重が支えられない為に、膝の関節に負担が掛かり、関節が変形してしまう病気です。一般的には、そのために膝に水が溜まり、腫れている場合が多いです。どうしても、腫れがある場合が多いですので、炎症を伴っている場合が多いです。

まあ、普通は、年配ですし、変形したものは治らないだろうと、考えられています。

 治療としては、牽引などを中心に、膝の関節を少しでも開けてあげることが出来ると、痛みの軽減が見られます。それと供に膝蓋骨の位置を正常に戻す事が出来ますと、スムーズに歩けるようになってきます。一般的に、膝の内側の関節が痛い為に、O脚の状態で歩いている場合が、多く見られます。

 今回の治療は、60台後半の女性ですが、5・6回の治療で、見る見る炎症が取れ、膝の関節の位置が、正常な位置に戻っていきました。当然ながら、腫れや痛みの状態は、以前と違い生活が楽になっていると言っております。

 自分としても、治療の進み具合などが、画期的に早く、ちょっと、ビックリする症例でした。治療の仕方によっては、このような場合でも、治療の効果が驚くくらいはっきり見られるパターンでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変形性膝関節症の治療 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる