カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 冠状動脈症候群

<<   作成日時 : 2007/02/07 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 冠状動脈とは、心臓に栄養を送る血管です。冠状動脈末梢の心労による狭窄や冠状動脈近位の肉体的疲労による閉塞があります。よく、胸に圧迫感があるとか、動悸・息切れがするといった症状で、病院に行って血圧や心電図を測ったのですが、異常なしと言われました。しかし、どうも胸の圧迫感があり、肩こりがひどいといった症状で来院します。

 症状を聞いたときには、肩こりと答えるのですが、いろいろ聞いていくと、胸が急に苦しくなった事があるとか、背中の上のほうにズンとくる痛みがあるとの症状を持っています。

 これらは、左側の肋間に痛みを持っていたり、みぞおちの所を痛がったりします。それと左手の拇指球(親指の下の膨らんでいる所)に痛みがあります。冠状動脈の狭窄の場合は手首側に、閉塞の場合は指側の部分が押すと痛みがあります。このような症状の場合は、冠状動脈の問題がある場合が考えられます。
 
 治療としては、上部胸椎のアジャスト(矯正)をした後に、冠状動脈の反射の治療を行います。3回以内に痛みの改善が見られない場合は、病院での検査を進めています。でも多くは、病院に行ったが問題がないと言われた場合が多いですので、常に気をつけて、水分をこまめにとることと、血液がドロドロにならないように気を付けることが大切です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冠状動脈症候群 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる