カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 手の痺れ

<<   作成日時 : 2006/10/25 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 手が痺れる場合というのは、首から手首までの部分で、神経が圧迫を受けて痺れているというのが大半です。いわゆる「頚・頚腕症候群」と言われています。そのほかにも、脳の問題や内蔵からの問題がある場合もありますが、一般的には、前者の方を先に疑いますし、多いです。
 頚・頚腕症候群とは、首の第5頚神経から第1胸神経(頚神経の第5〜8と胸神経第1)が、一つの神経の束となって手を支配していきます。その神経が、頚椎の部分、前斜角筋(首の横のところ)、第一肋骨と鎖骨の間、烏口突起の出口(肩の外側の部分)、肘、手首の部位で神経の圧迫を受けてしびれるというケースです。
 手の指のどの部分が痺れているかによって、頚椎の何番の神経が圧迫を受けているかも予測ができますし、あるいはどの部位での圧迫かも予測が出来ます。

 治療は、どの部位での神経の圧迫かで、多少違ってきます。圧迫を受けている部位の骨のずれや筋肉の緊張を取り除けば、痺れは消えます。ただ、痛みに対して、体を庇っている場合は、全体の治療を行なわないと、また戻ってしまいます。カイロプラクティックの場合は、頚椎以外の部位の圧迫の場合でも、頚椎に対しての治療は行ないます。
 神経圧迫を特定し、その部位の適切な治療が、痛みの軽減に繋がります。温熱療法や湿布だけでは、改善しない場合もあります。



【送料無料】 神戸発!神戸まくら M ネイビー
神戸発!いいもの一番
発送ご入金確認より5営業日以内に発送※現在、メーカーでの在庫品薄のため、お届けが遅れる場合がございま

楽天市場 by 【送料無料】 神戸発!神戸まくら M ネイビー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

つくし工房 冷[つめた]か朗(保冷材セット付) 3504
ゆにでのこづち
++ 商品詳細 ++ ■特徴首と背中を冷やす、気化熱効果と保冷材のダブル冷却!■用途炎天下のお仕事、

楽天市場 by つくし工房 冷[つめた]か朗(保冷材セット付) 3504 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
背中痛
背中痛が良く起こる私のサイトです。何かのお役に立ててもらえましたら嬉しいです。よろしくお願い致します。 ...続きを見る
背中痛、があります
2007/07/18 23:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ここ、半年ぐらい前から以上に左の背中がひどく痛く、その痛みで腕まで痛くなり、手が痺れています。あまりにも痛く、ひ汗がでるぐらいです。脇、二の腕の筋肉が、つねに筋肉痛の状態なんですが、なんなんでしょうか?しかも、左だけなのは、どうしてだろう?
こうじ36歳
2006/12/21 02:10
この場合は、背中の痛みがひどく手が痺れていますので、内臓の痛みによる放散痛だと思われます。左だけということは、左の臓器の場合が多いです。心臓・胃・肺・食道の問題で痛み及び痺れが出ていると思います。多分、背中の痛みも点で出ていると思います。中からくるづんとした痛みだとしたら、内臓の問題があると思いますので、一度病院で検査を受けるか、カイロプラクティックの治療院のなかでも内臓の反射の治療をしている治療院を探すのが、良いと思います。治療を三回くらい受けて変化が現われない場合は、一度検査を受けたほうが安心です。
まっちん
2006/12/21 12:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
手の痺れ カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる