カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 打ち身による痛み

<<   作成日時 : 2006/08/22 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 打ち身といいますと、人や物と接触して出来る痛みのことです。何らかの理由で、相手の肘や膝などがぶつかったりとか、壁などにぶつけてしまって、出来た痛みです。
 普通の場合は、2〜3週間そのままにしておけば、治っていきます。早く治す場合には、痛めた直後は、氷で20〜30分冷やすと治りが早いです。その後は、暖めて血液の循環をよくすることで、早く治ります。ストレッチ等を施しますとなおさら早い回復となるでしょう。
 
 最近の症例では、ソフトボールを行なっている高校生が、フェンスに激突して、左腕が左斜め前方に、ほとんど上がらないという症状で来院しました。3日前に怪我したらしいのですが、病院でレントゲンを撮り、骨に異常はないとのことでした。
 激突した際に起きたことと思いますが、肩鎖関節に微妙なずれとその近辺の筋肉の緊張が見られました。治療後には、最後にテープを貼りましたが、スムースに動くように改善が見られました。

 打ち身の場合でも、異常の起きている部位を特定し、その周りの関節や筋肉の緊張を取り除くと、治るのも早いものです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
打ち身による痛み カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる