カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 肋骨の痛み

<<   作成日時 : 2006/06/06 11:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 肋骨の痛みは、普通、骨折による痛みがほとんどだと、思われます。打ち身による痛みもありますが。何かとぶつかって胸を打った。転んだ拍子に胸を打ってしまったということ等で、肋骨を骨折するということが、一般的に多いと思いますが、ゴルフやテニスなどのスポーツ等で、疲労が重なり知らないうちに骨折していたというケースも多々あります。
 やったその日は、痛いのは当然ですが、肋骨の骨の部分を押すと痛い。それが、3日間くらい経っても消えなければ、肋骨の骨折を疑ってください。結構、簡単に折れてしまうものです。
 普通、3週間くらいベルトやテーピング等で固定して、無理な動きをしなければ、治るというのが一般的です。多少、痛みが残っても、その後消えていくものです。

 最近見えた患者さんでは、1年位前に、植木鉢を持って、ゴキッっとやった。その後、1年経っても、背骨の近くと肋骨の脇の痛みが、消えないとの症状でした。我々カイロプラクターの考え方ですと、背骨のずれによって、その痛みが残っていると考えます。その通り、下部胸椎に変位があり、体もその部分を庇っての歪みを作っていました。
 治療として何度かのアジャスト(矯正)で、歪みは大分消え、背骨、真ん中近くの痛みは、消えたのですが、お腹の脇のところの痛みが、まだ、たまに出る。ということなので、注意深く触診していきますと、痛みが出るという肋骨の脇の部分が、左右対称ではなく、背骨の横突起と肋骨の付着部分が、微妙にずれを感じました。この部分が、完全に元の位置に戻っていなかったために、痛みが残っていたという症例でした。
 まあ、普通このような場合は、少ないのですが、それだけ、人は、人によって痛め方も違うことを再認識する症例でした。

アルケア バストバンド・アッパー 胸部固定帯 3Lサイズ
堀江薬局楽天市場店
●腋の下のカットラインが深い裁断で肋骨上部の固定も可能です。●胸郭に合わせた逆V字設計により、装着中


楽天市場 by アルケア バストバンド・アッパー 胸部固定帯 3Lサイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
肋骨の痛み カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる