カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 突き指の治癒経過

<<   作成日時 : 2006/04/18 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 人差し指第2関節を脱臼みたいな形で突き指しました。前回の続きになります。突き指をして、1ヶ月経ちましたが、まだ完全に指が曲がりません。普通の生活には、支障は無いのですが、人差し指第2関節近辺が、少し腫れています。
 本来であれば、もう治っていていいはずです。それが、腫れているのは、関節に微妙なずれがあるからで、違和感を感じています。一応それなりには矯正をし、まっすぐの状態にしたつもりでしたが、微妙なずれが、残っているでしょう。
 まあ、そのうち治るだろうと、そのまま経過させていたのですが、1月経ちましたので、もう一度きちんと矯正してみると、かなりの痛みを伴いながら、元の位置に収まったようです。それ以後、痛みはみるみる減っていきました。
 今回の怪我で思ったのですが、そのままにしていたら、確かに、あと1ヶ月もすれば治ることは治るでしょうけど、ずっと、微妙な違和感を持ち続け、季節の変わり目などに、痛みを感じるようになってしますのだろうと思いました。
 これは、突き指だけではなく、捻挫やぎっくり腰などでも、きちんと治すことの重要性を感じました。このような状態で、困っている人も多くいると思います。ぜひ、信頼の置ける治療院で治療を受けることをお勧めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
突き指の治癒経過 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる