カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 患者さんへの説明

<<   作成日時 : 2005/12/12 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 普通、患者さんが、最初に来た時に、治療をする前に、何処が痛いのか等の話しを聞いてから、ちょっとした検査をし、治療を始めます。患者さんによって、検査も簡単に済ます場合と気になる時は、何度か確認をします。その場合は、検査の数も増えます。
 その後、治療に入る時に、このような感じで治療して行き、身体の状況によっては、また違うテクニックを入れますと説明してから、治療します。治療中も説明する場合もありますし、終わった後に、治療の説明をし、こちら側の感じている、患者さんの身体の状態や治療後の反応などを話します。
 一般的に、カイロプラクティックの場合、骨がずれているとか、足の長さが違うなどの説明が多いようです。でも、人間はほとんどの人が、背骨にずれがあり、足の長さは、違うものです。何故、そのような背骨のずれが生じるのかという説明が多いです。一般的に、何処かの関節に動きがなくなった場合に、身体が自然にカバーして、だんだんに、ずれてきます。それが、自分で気付いていない場合が多いです。
 説明も一人一人多少違ってきますので、一概には何とも言えませんが、家族が掛かった場合など付き添いの人にも一緒に説明しますので、その時に理解が深まることもあります。患者さんに分かるように説明しているつもりですが、どうしても、自分がわかっている事は、患者さんも分かっているだろうと勝手な思いこみで、説明している場合があるみたいです。理解できない場合は、気楽に尋ねてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
患者さんへの説明 カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる