カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 新聞の記事を見て

<<   作成日時 : 2005/06/29 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 茨城県牛久市で、起きた事件の記事なのですが、被害者の女性が3月からカイロプラクティックの勉強をしていて、12月頃に開業を目指していて、一生懸命勉強をしていたというのですが、3月から勉強していたのなら、12月まででは、9ヶ月間しか時間がありません。果たして9ヶ月で、何が出来るようになれるのでしょうか?
 自分の場合は、2年間学校で勉強して、4ヶ月間インターン(通常は6ヶ月)、そして、開業しました。同期のなかで一番早い開業でした。結構自分自身では、触診(骨の変位などを診ること)に自信がありましたが、いざ、開業してみたら、触診がこんなにも難しいものなのかと痛感致しました。同じ仲間同士の身体を触るのと全然違う事に気付きました。それは、そうですよね。それほど痛くない人間と長い間痛みに苦しんでいる人など予想もしていない人の身体を診て行くのですから。

 短い期間で簡単に、人を治すことが出来るほど簡単な世界ではないと思っています。そんなに簡単にカイロプラクタ−になれるのであれば、カイロプラクティックという治療法は、昔に無くなっていたと思います。最初は、民間療法でありながら、100年以上の歴史を作れたのは、医学に基づいた理論が、存在したからと思っています。
 今でも患者さんに勉強させてもらいながら、治療しています。患者さんに信頼してもらい、安心して治療を受けてもらえる事が大切な事と思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も将来はカイロドクターになりたいと思っていますが…現実はすでに家庭もあり難しい状況ですね。4月からある「カイロプラクティック」に通っています。とてもいい感じで、治療も的確。この先生も3年間勉強し、助手を何年かやって、開業5年を北海道で、そして本年2月郷里に戻り開業しています。やっとホームページが出来たので昨日メールを頂きました。信頼できるいいドクターにめぐり合えた事を感謝いたします。世の中に半年+数日間の実技指導で開業するところも多く効かれます。そこで問題が起こると「業界全体」が同じ目で見られてしまいますよね。
ところで、いい学校の見分け方ってありますか?
カイロ好きな007
2005/07/12 15:42
自分の治療を受けている先生に聞くのが一番だと思います。学校や協会のことについて詳しいと思いますから。後で、このブログに書きます。ちなみに、自分の同期の友人が行っている、横浜カイロプラクティック学院(045−411−6070)は、お勧めです。自分も卒業生を中心としたクラスに月1回講義に行っています。
まっちん
2005/07/14 16:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
新聞の記事を見て カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる