カイロプラクタ―のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツ障害について

<<   作成日時 : 2005/03/19 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スポーツを激しく行っていると、体の何処を故障したりしてますよね。例えば、野球なら、肩や肘。バスケットなら膝の痛みや捻挫など。使いすぎると段々に悪くなるとか言われています。でも、一流の選手は、ケガが少ないし、その状況でうまくケガにならないように体を使っています。度重なる練習のよる疲労も体の使い方が悪いと段々体が壊れてきます。5年前、10年前に正しいとされた理論の今現在正しいとは、限りません。
 治療していて、私たち治療家は、治すことだけでなく、体の壊れない使い方も理解していないといけないと思います。指導者の中にも、まだまだ、根性論だけの人もまだいますので、お互いにもっと、勉強が必要だと感じます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポーツ障害について カイロプラクタ―のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる